新着Pick

大学入試改革を民間に丸投げする文科省の狙い

東洋経済オンライン
現役の筑波大学附属駒場高校の2年生に、センター試験に代わって2021年1月に最初の試験が実施される「大学入学共通テスト」の問題点についてインタビューしたAERA.dotの記事が反響を呼んでいる。いま大学入試改革で…
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学入学共通テストの記述式問題や英語民間試験導入をめぐる大炎上の陰で、実は「高校生のための学びの基礎診断」を最初から民間検定試験に丸投げするスキームが、ほとんど報道されることもなく、よってほとんど批判されることもなく、するすると進んでいるのである。
紙面の関係上、光と影両方を議論できないことは理解できます。
しかし、「文科省の狙い」を論ずるのであれば文科省担当部署への取材もあるともっと深堀りできると思います。
基礎と発展に分け、年複数回実施、コンピュータ使用、それらを民間に委託。良い改革に見えます。それを、民間への丸投げ、政権の面目を保つ役人魂、と批判的に見ているが、その何がいけないのかがわからない記事。
大学入試のみならず、各学校レベルでの教育もお上が介入すればするほど現実味のないものへと変えられていく。先日も1年間の読書時間ゼロの大学生が半数近くを占めているということが報じられていたが、こういった結果が出ると、お上から「大学生にもっと勉強させるように」という通知が届く。しかし具体的な方策もなく、現場は混乱するだけだ。