新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アツい想いは語るべきです

私は公私わけず、仕事も私生活も自分らしくあることをお勧めします

Be authentic(自分らしくあれ)!
何事も「過ぎ」は良くない、ってことですよね。熱く語ること自体は全然OK、というより必要だと思います。実際に「Passionateかどうか」って、チェックしたい項目。で、ここの記事には「入社後のギャップが心配になる」とありますが、こういう場合にワタシはどちらかというと「感応性」が気になる。つまり「もう、その話、いいんだけど」という空気が読めずに滔々と語る「KY感」みたいな。これは意外と重要だと思っています。

あと、結局その「熱い想い」で「事実」としてどんな成果があったのか・変化を起こしたのか、ということ。熱すぎる想いの分だけ、素晴らしい成果・結果をもたらした事実があるなら「ユニークなヒト」で強く興味を抱きますね。ワタシなら。
PNPサンドイッチという伝え方は面接に役立ちます。

ポジティブ→ネガティヴ→ポジティブ。

目指していたこと→目指した通りにうまくいかなかった現実→その意味付けをポジティブに転換。

全てをポジティブで言い換えようとするからウソや無理が出てきてしまう。ネガティヴで課題や失敗を受け止めて、そこから前進している今を見ていただくようにしたいですね。
アツい想い、良いと思います。個人として思うのは、耕造や仕組みに課題感を持ったとしても、会社や同僚上司などを貶める発言だけは避けてほしいなぁとは思います。言葉って大切ですよ。これは自戒を込めて