新着Pick
479Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
古典小説という人類の英知を、インスタで読婿とができるのは素晴らしい試みです!!

「本は消耗品じゃない」
時代の洗礼を受けて生き残った古典は、どの世代であっても読む価値がある。

ガンガン新刊書が出ては廃刊になっている現在の出版業界にとって、新たなヒントになるといいですね(^_^)
まさに「21世紀型 図書館」ですね。Instagramのストーリズを活用することで次々と読みたくなるのでしょうね。InstagramからYoutube、Facebookなど無料プラットフォームからの活用が最近のトレンドですね。奇抜な新ビジネスを考えたくなるニュースでした!
これを「事例」として理解すると「へぇ」で終わりますが、以下のようにとらえると、もしかすると「出版3.0」かもしれませんね。

これまでの本=テキストデータと装丁が一体(固定的)+紙の書籍だと物理メディアも固定的

これからの本=テキストデータ+見せ方(カスタマイズ)+電子書籍(カスタマイズ)

要するに、書籍というものの「コア(核)」の部分が分離されて、それが資産となり、表現は多様なものになるということです。

同じ物語でも、読む人の好みに見せることができる世界です。
本の面白さ、読書を通じた学びが新しい形で広がっていくことは歓迎。文字でなく写真で伝えるインスタで本が人気になる。かけ算で価値を生み出す好事例ですね。 #インスタ小説 #21世紀型図書館
あれ、なぜ今この記事?という印象があります。
NYPL がこれ始めたのは2018年8月。「不思議の国のアリス」を見たとき、やられた!と思いましたよ!よくできている。ただ画像や音やフォントなど完成度が高い高い。作ったNY のMother の中の人に聞いてみたところ、続けるのが大変だと。実際ディケンズの「クリスマスキャロル」を昨年晩秋に出してから後続がありません。紙の方が楽なんですね。
InstaNovelは、もちろん素晴らしいアイデアです。ただどこまでクオリティを追求するかが存続のポイントだと思います。
小説読んでる最中に広告出てくるようになるのか
1ヶ月前に今までアメリカの研究室を出る事はなかったインスタ本国のエンジニアチームが初めて日本に常駐し、日本のローカルチームが設立されました。

その理由は、世界から見てもインスタの日本人による使われ方は特殊で、#ハッシュタグ検索の検索率は海外と比べて5倍、ストーリーズの利用率は8倍です。

今全世界が注目し始める中での動きなので、日本のマーケットの動かし方としては面白い事例ですね!
ニューヨーク公共図書館が目指すのは「21世紀の図書館」❗️
僕らのオウンドメディアもInstagramで連載配信してみる?w