新着Pick
291Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドラえもん、サザエさん、ちびまる子ちゃん。いずれも名作アニメですが専業主婦はもはやマイノリティなのですから「時代劇」として観るべき。収録後こんな話を調子良くしていたらそのまま記事になっていましたw。

ただ働き方も結婚も急激な環境変化に心がついていってない方が多い。
このギャップをどう埋めるのか。これは自分にとって大きなテーマですので今後日本人の結婚観がどう変化していくのかは、個人的にとても興味があります。掲載ありがとうございました。
相変わらず卓抜な大室さんのコメント。エコノミクスの源流であるオイコノミクスは「共同体のあり方」の意。「家族のあり方」こそが、今後の経済を考える最重要イシューのひとつだと思います。
出ました。とても楽しませていただきました! ありがとうございます。
20年後はかつて標準といわれた夫婦と子世帯が2割になります。人々の生活形態が変わると経済も大きく左右されます。結婚を考えることは、恋愛を考えることと思いがちですが、むしろ経済生活や今後のコミュニティを考えることと同じではないかと思っています。
結婚するもしないもゼロか100かの話ではない。今の制度に問題があることはその通りですが、問題なのは、むしろ、制度に囚われてする・しないの二項対立が促進されることの方が害悪だと思います。
大室さんに、私が以前から思っていたことを超的確に言語化していただいたような記事です。サザエさんを見るたびに、「今の日本でこんな家庭、どのくらい残っているんだろう」とぼんやり思っていましたが、やっぱりあれはもうファンタジーですね。

結婚も、したい人はすればいいし、したくなければしなければいいんでしょうけど、したいのに制度が古くて困っている人も相当数いらっしゃると思うので、時代に応じて変わっていってほしいです。働き方や価値観とか、ありとあらゆるものが変わってきているのに、結婚制度だけが昔から変わらないのは何ででしょうね。
「ドラえもん」が示している家族族は
時代遅れで、非常にマイノリティになりつつありますね。
そういう視点でドラえもんを捉えていなかったけど
その通りだと思いました。

日本をどういう社会にしたいのか/すべきか議論すべき時期にあるという
意見にも賛成です。
私自身に明確な考えがないので、考えていきたいと思います。
クッキングパパが描いた家族像は、核家族、共働き、夫が料理する、妻は料理が苦手、という感じだったけどなー。

作品の設定というよりも、原作が終了しているのに、いつまでも放送をやめられないテレビ局が古いだけだわっていう感想。
大室さん的確だよなー。
ディズニーはちゃんと時代に合わせて、女性像の価値をアップデートしてるのに、ドラえもんやサザエさんはずっと一緒、、、
「VERY」ってそういう雑誌なんですか!?ほんとに知識が広い。

そんなところに驚きながら、そうだよなと共感しながら読みました。

結婚はしてませんが、とりあえず職場環境は自分の関わる範囲くらいアップデートしていきたいと思います。
確かに「サザエさん」の男性キャラのあの酒好きかげんは昭和そのものですね。ときに磯野サザエは戦後間もない時期に女学校を卒業し出版社に勤務というバリキャリ女子の先駆なのですが…