新着Pick
692Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素晴らしいですね。
入学者の動機として、既存の学校システムに馴染めなくて選んだ、という消極的理由と、N高だから選んだという積極的な理由が、どういう割合なのかはとても興味があります。もちろん個人の中でもその二つのミックスなんでしょうが。
そして、そのどちらとしても社会的意義はとても大きいと思います。前者は従来なら教育の枠組みから「はみ出て」しまう人に教育の機会を与えることですし、後者は従来の教育では育てられないような人を輩出するということにつながるので
これぞ本当の教育のあり方だという気持ちになりました。

大学で教育学部の課程を修了していないと「教諭」になれない今の制度。

私は、常々、塾や予備校の講師立ちが学校で教えるようになれば、日本の教育水準はグンと上がると思っています。

塾や予備校の先生たちは、生徒たちを楽しませながらしっかりと教育していますから。

授業が楽しければ生徒たちが(親を連れて)自主的に集まってきます。
自分で決めた学校なら、きちんと取り組むはず。

早慶のような私立大学は受験科目が3科目で、各校に特化した学習をすれば合格はさほど難しくありません。

東大京大とまではいかなくとも、受験科目の多い国立大学への合格を今度は期待しています。

既得権益を守ることに必死の文科省よりはるかにすすんだ考え方に、深く敬意を表します。
ん、でもさ、日本全体で高校生は320万人いて、慶應の合格者数は毎年6400人だから、全国平均で高校生1万人あたり20人だよね。

N高在籍者数1万人で慶應合格8人って、別に特別でもなんでもなくない?むしろ全国平均よりだいぶ下。

や、既存の教育に問題点が山ほどあるのは重々承知だし、N高のような新しい取り組みも良い面は多いとは思うが、過度で無批判な賛美もいかがなものかと。

「高校は「大学受験」のためにあるのではない」というのは心から共感するのだが、ならば記事タイトルが「慶応8人合格」というのは矛盾だよなあ。まあ、慶応8人がN高の先生の言いたかったことじゃなくて、メディア側が安易にPVを取るために本質じゃない部分をタイトルにしちゃっただけでしょう。逆に言えば、このタイトルでPVが取れるということは、結局は世の人の大多数は学歴をモノサシにしているということです。

...と天邪鬼な僕はついつい文句を言ってしまうのですが、記事に書かれているN高の理念には共感するところが大いにあります。たとえばここ

「そう考えると、社会が変化していく中で、学校も変化するのは当たり前です。」

たとえば小学校の理科でアルコールランプと天秤はかりの使い方を繰り返し習わさせられましたが、もう何十年も前に実験室の現場から消えています。今の小学生も習っているのかなあ。
会社もリモート出勤や副業の時代です。
N高のようなものが出てきて当然だし、副高みたいなスタイルもあっていいんじゃないでしょうか。
なにより補助金なしでやっておられるのも立派です。
通信高校である分、普通の高校生とは異なる経験をしてきている可能性がありますので、通常の学生よりも就職等で優位性を発揮したり、社会に出ても活躍しそうな気がします。
タイトルにある慶大生になった8人は、慶大出身であることよりも、N高出身であることを誇るようになるんではないかな、という感想をもった。記事タイトルでななめ読みするんでなくて、本文を読んだほうがいい記事。
通信制高校のみならず既存の教育体制全体の常識を打ち破り、世間への良きメッセージにもなっていると思う。スポーツも部活からユースクラブへという流れの中、こういった通信制高校との両立も出てくるはず。
既存の教育制度がベストでは無いので、N高にも内心期待しています。
これからの教育は常識に縛られてはいけないと思う。
道を開拓するのは難しいと思いますが
頑張って欲しいと思います。
素敵な記事ですね。
卒業率とかきっと課題はあるんだと思いますが、間違いなくオルタナティブな選択肢を提示してて、校長先生に覚悟があって、運営を磨き続ける仕組みがあるというのは素晴らしいなと思います。
カドカワ株式会社(英語: KADOKAWA DWANGO CORPORATION)は、2014年10月1日に設立された日本の持株会社、出版社。ドワンゴとKADOKAWAを傘下に持つ。2015年10月1日より、KADOKAWA・DWANGOより社名を変更。 ウィキペディア
時価総額
1,310 億円

業績