新着Pick
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
車載モーター関連を事業成長の柱に据えるだけに、EV化を機にシェアを取る、そのために十分なキャパを用意することは必須と考えているのでしょう。目先の利益を多少犠牲にしても需要の顕在化を待ち構えるということになるかと思います。同社の株価は決算発表後上げており、中長期的な視点に立って好意的にみているのだと思います(増配と自社株買いの枠が残っていそうなこともあるでしょうが)。

P15-16をご参照。
https://jp.reuters.com/article/nidec-idJPKBN1X30AV?il=0
闘将(勝手に呼んでますが)永守会長は勝ち続けてくれると信じておりますが、EVに経営資源をシフトし過ぎる事にはリスクを感じます。
EVの市場が伸びていると言っても昨年の世界の総販売台数は200万台に満たない。しかもそのうち中国市場が60%を占めている。その中国市場が急激に鈍化しています。実は中国はガソリン車では市場を取るのは難しいと考え、EVに大きく舵を切った。都市部ではガソリン車の購入規制までひき、同時にEVには巨額の補助金をつけた。つまりお決まりの共産党による作られた経済だったわけです。しかし昨今の米中経済戦争により経済と財政が打撃を受け、補助金等の施策が維持できなくなった。
参考情報は以下サイト

https://jp.wsj.com/articles/SB11588140412100604850204585575621409840214

最大の中国市場が縮小する事に加え、やはり車の市場は米国や中国など、国土の大きい国になる。しかし長距離走行を安価に実現するにはまだ時間がかかるらしい。さらにはトランプがEVを推すとは思えない。

以上の事から大方の試乗の予想程はEVは伸びないと思います。
EVの本格化は言われて久しい。しかし、実際はそれほどでもない。目玉商品で煽れどもお客さんは動かないといったところ。自動車製造も客商売。

EVであろうかなかろうが、車販売の総量が伸びない。
そこへきて、EVの関連技術レベルはまだまだ流動的。今日の技術は明日陳腐化する。

だから、EVはますます儲からなくなってくる。

所詮、EVは電気がないと動かない鉄の箱。自動車の究極形ではまだない。
決算説明プレゼンテーション資料
https://www.nidec.com/-/media/www-nidec-com/ir/library/earnings/2020/FY19Q2_1_jp.pdf

先んじての意思決定…それだけEVの流れが速くなっているのだろうなと想像します…
車のEV化が本格的に始まるのでしょうね。トヨタもEVに舵を切ったと聞きます。これからはまさにスピード勝負で行かないと機会を失ってしまうと思います。
今、開いたEVの窓もいつまで開いているかわかりません。
日本のトップランナーである日本電産さんには頑張ってもらいたいです。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
4.79 兆円

業績