新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IOC主導のマラソン札幌開催案に対する東京都のカウンター。ただ被災地からはどう見えているか。IOCに対抗するために被災地が持ち出された印象がぬぐえません。復興五輪をうたっていることを理由に挙げるなら、最初から被災地開催が検討されてしかるべきだったと感じます。
「「復興五輪」をうたってきた経緯から東北の被災地で開催する案が浮上しているという」

良いのではないか。もともと宮城県にボート競技を持ってこようとして「東京で!」とクギを刺された経緯があった。

「ボート、カヌー・スプリント会場を都内に建設中の「海の森水上競技場」から宮城県登米市の「長沼ボート場」に変更する案を念頭に説明。バッハ氏は「モッタイナイはもちろん(必要)」と、小池氏のこだわりフレーズでコスト削減に理解を示しつつ、はっきりとクギを刺した」
出所)小池知事タジタジ、IOC会長にクギ刺されまくる[2016年10月19日9時12分 日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1726251.html

今回は、3年前と真逆の構図だ。IOCの唐突なマラソンの札幌開催案に対して都知事が疑問を呈する話だが、カッキリ3年前なのはバッハ会長の意趣返しではあるまい。ならば喜んで宮城県開催にするのが良いのではないか。今回は「東京で!」とクギを刺されることはないだろう。

具体的には仙台開催はどうだろうか。ことの経緯にてらせば仙北でやるのが筋だろうが、交通や宿泊が不便なので仙台が良い。東京よりは涼しい。仙台の宮城野原運動公園から石巻まで42kmを走れば復興五輪のレガシーにもなる。選手よし、IOCよし、復興よし。東京もよしとは言わないだろうが「マシ」だろう。三方よし+マシでおさまる。

拙稿「2020年東京五輪に結実する一体感のレガシー〜東日本大震災で始まる10年紀の締めくくりとして」
https://www.dir.co.jp/report/consulting/reg-revitalization/20141217_009266.html
IOCのバッハ会長が札幌の土地勘など持っているはずがない。IOCの発表後、直ちに北海道陸連が協力すると言い出したが、いかにも早過ぎる。

誰か日本人が、裏で動いて会場変更に導いたと想像します。
東京都民としては、迷惑千万だよなあ。
とにかく言えるのはIOCでもテレビ局でもなく選手を中心に考えて欲しいです。
良い記録がでなくてもいいので、安全に競技できる環境を整えて頂きたいです。
IOCがマラソン会場を札幌にする案を示すなか、東京都は、「競技の開始時間を前倒しして東京で開催する案のほか、東日本大震災の被災地に移す構想も浮上。都は今後、IOCにこうした案を提案するかどうか、調整する」とのこと。
純粋に選手のためとは言え、準備する側の負荷は相当なものになりそうですね。
どんな結論になるのか、興味深いです。
札幌以外の都市での開催の提案。これは復興五輪を掲げてではあるが、東京都を蚊帳の外に置いてIOCと組織委員会が決めたことへの反発としか感じない。本当に関係性が良くない。