新着Pick

あなたが上司に好かれていない5つのサイン

ライフハッカー[日本版]
上司との関係はとても重要ですが、上司は本音を明かさないことも。もしかしたら嫌われている可能性のある5つのサインと対処方法を紹介します。
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1. あなたに興味がない
→目の前で直接「キミが嫌いだ」と言われたのは、興味があった証拠。

2. ミーティングであなたを無視
→私が報告するミーティングはチームメンバーを参加させずトイメンでガッツリ

3. あなたにプロジェクトを振らない
→一歩間違えたら死の危険のあるやばいプロジェクトをガンガン振ってくる

4. あなたのキャリアアップに興味がない
→妨害に余念がない

5. あなたの健康に興味がない
→「これだけ虐めているのになぜうつ病にならないんだ」と心配される

どれも当てはまらない。こう考えると、余程私は好かれていたんだなと思います。
正直者の僕は、優秀な上司から好かれて、無能な上司から嫌われることが多かったです。

優秀な上司は本心で褒められますが、無能な上司にゴマをすれないからです。

だから優秀な人からは褒めるのが上手いと言われます。
しかし無能な上司からは、「後閑くんは私のことをバカにしているのはわかっているから」と言われました(笑)
この上司と喧嘩して辞めましたが、先に辞めていた優秀な上司の紹介で、次の職場がすぐに決まったので良かったです。

どんな上司からも好かれたいのであれば、ペラペラとお世辞を言えないとダメですね。

褒められて気分を悪くする人はいないですから、世渡り上手になるためには、誰でも褒めちぎれることは大切です。
これが出来るから、会社勤めが向いていると言っている人もいます。
残念ながら、僕には無理ですが。
つまるところ、関心を示されていないと感じたら危ないってこと。上司とうまく関係をつくれないってキャリアの観点からしてもかなり致命的。