新着Pick
528Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私は採用面接のときに履歴書に載ってることは、少ししか聞きません。なぜなら「発言の真偽が分からないから」。今回ROXXの中嶋社長とお話しさせて頂きましたが、対談の中で、僕が個人的に一番いいな、と思った話は

「キャリアの分断を、back checkが補填してくれる」

というところでした。

出産や育休、メンタルダウンのように、人生にはどうしてもキャリアが分断するタイミングが来ます。その時に前の会社で頑張った結果がきちんと「その人のアセットになる」。しかも自分で主張するのではなく、周りの人がそっと教えてくれる。

「個人にも企業にも武器を与えてくれる」

これは良いサービスだと感じました。中嶋社長ありがとうございました!
結局は、リファレンスの集合体(not 1 sample)と、出会った時の第一印象とが一番人の評価の参考になると思っている。

SFCのAO入試の願書に、A4の白紙2枚で「あなたの全体像を自由に表現してください」という項目があった。
私の全体像なんて、自身では見えてないし、自分が言いたいことだけ言っても仕方ない。周りの人の方がよほど客観的に背中の後ろまで見えているんじゃなかろうか。

そう考えた少女M(当時17歳)は、折り紙を四等分して、恩師や友人知人に他己紹介をお願いして回った。有難いことに沢山の人が協力してくれて色とりどりの折り紙を貼り合わせたページが仕上がり、無事に大学に合格できた。

大学4年の頃にはmixiやGREEが登場した。他己紹介機能が好きで、みんなが書いてくれたコメントの一つ一つに笑わせられたり嬉しかったり。基本的に加点評価の世界で、他の人の他己紹介を書くのも見るのも凄い面白かった。

もうmixiは使わなくなったけど、他己紹介機能は欲しいなぁってずっと思ってて、「フリーランスDB」を作った。
https://blog.freelance-jp.org/20190927-5578/

フリーランスDBは信頼資産を可視化&蓄積するためのデータベースで、登録した会員同士で、4段階の定量評価とレビューコメントによる定性評価を行うことができる。検察閲覧や定量評価はフリーランス協会の一般会員でなくても、無料登録さえすれば誰でも使えるので、連絡先を公開しておけば仕事獲得のチャンスにもなる。
イメージは、フリーランスのリファレンス付きイエローページ。

頑張って仕事をしている人にとっては、自分に対するリファレンスは後押しになる。あの折り紙みたいに。

今週金曜のIndependent Power Fesで、為末大さんと若林恵さん、そしてハフポストの竹下隆一郎さんと未来の働き方について対談するのが今から楽しみなのですが、信頼資産とか、何に向かって自己研鑽すれば良いのかとか、そんな話も出来るといいなと思います。
https://ipf.freelance-jp.org/
リファレンス(推薦)が重要ということには激しく同意します。

よく、「日本はウェットすぎる。海外の方がコネなどに左右されず正当に実力を評価してもらえる」という議論がありますが、それは全くの嘘です。受けた教育も文化も宗教も人種も異なる多くの人が集まる国においては推薦状こそが最も強い武器。しかも、海外では日本であるような「いまのところback checkの回答率は93%で、しかも応募者の良さを伝えるようなポジティブな回答が大半です。」といった、ただ褒めるだけの推薦状ではない。Applicantの弱点を書いたり、平気で「この人は推薦しない」と書かれたりします。そんな中、どれだけ自分のことを正しく良く書いてくれる人がいるかがポイントとなります。

米国のトップクラスの大学では採用に際して最低3通の推薦状を提出するようにと指示がありますが、最近は10-20通出すのが通例になりつつある、と教えてもらったことがあります。
ある意味で、とても厳しい時代になってきたと感じます。一定の月日を前提にいま一緒に働いている人が、個人の仕事ぶりをどう評価しているか。オープンになるということは、良い意味でも厳しい意味でも、個人の仕事ぶりが問われていくということ。

本論とそれますが、ぼく自身はいま会社を統合後の成長をどうつくるかというステージにいるので、会社の成長が頭打ちになったら、それは自分の責任で、伸びている業種にいくという発想はないですね。どう伸ばすかしか考えてないし、厳しい言い方ですが、新卒や20代を除いて、一定の経験を積んできた中途の人で伸びている業界にいきたいと言う人とは、正直働きたいとはあまり思いません。自分でどう打破するかチャレンジしてほしいなと。

あと本文に書かれていた個人的に思ったのが、北野さんがOpenWorkのデータを見れるのはめちゃくちゃ強いですね。羨ましい。
昔はリファレンスなんか意味ないだろう、なんて思っていましたが、多くの候補者の方々とお会いするなかで、リファレンスの重要性に気づいたので、今では一定役職以上の方を採用する際はリファレンスチェックをマストにしています。

ただ手間がかかるので、効率化できるサービスができてくれるのは嬉しいですね。
私は履歴書もレジュメも手元におかずに面接に臨みます。情報非対称なものの解像度を上げることができるかどうか、というのは業務においてかなり重要なので、まっさらな状態で行くのが個人的にはベスト。
拡大中のROXX 、バックチェック事業成長中!うちもバックチェックを採用面接でやって貰いましたが面接が一回いらなくなるすごいサービスです。