新着Pick
420Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゲーセン需要をスマホゲームにとられたというよりは、もともと「ゲームは遊びじゃねーんだよ」層が全体に対してそれほど多くなかった、ということなんだと思います。そうでなくても、スマホはいまや世界中の人の手元にありますからね。

私自身2,3年前までかなりゲーセンに通っていた(格ゲー、音ゲーをメインでやっていました)のですが、あの場所を好むのは「ゲーム」が好きな層というより、「ゲーセン」が好きな層です(とりわけ、という意味合い)。ミッキーマウスが好きな人が、ディズニー映画を全部見ているわけではないし、全員ディズニーランドに行くわけでもない。

大型筐体ならではの操作感(かっこいい)、画面サイズ、音響、通い慣れた店舗で仲間ができること、大会などのイベント。今後も家庭用では味わえないものばかりだなと思います。需要という意味では差別化できている。こと娯楽に関しては、最もコアな部分をつかみ続けることが重要です。

とはいえ、ガチ勢の総数が復活することはもうないでしょうし、ここ1,2年で閉店のお知らせがものすごく増えていてさみしい限りですが。
ゲーセン市場がピークの7割程度に縮小。暇潰しがスマホにがっつりとられているなかでは善戦している数字にも見えます。町場の中高生の溜まり場イメージのある昔ながらのゲーセンは厳しいでしょうが、一方でショッピングセンターに併設のゲームコーナーはファミリー向けで大にぎわい。イオンファンタジーなども増益を続けて大きく伸びています。陰的な存在から陽的な遊び場として転換していけるか、ということが大事そうです
いまやゲーセンというと、画面に向かうアレではなく、UFOキャッチャーや体感型ゲーム主体のお店という感じですね。
中学生の頃、ゲーセンでカツアゲされそうになったことがありますが、UFOキャッチャー主体の現代のゲーセンは、ファミリーも多くて、だいぶ雰囲気が変わりました。
ゲーセンは2極化していくでしょうね。1)VRなど家庭では味わえない体験ができるアミューズメントパーク 2)高齢者向けの暇つぶしエンタメ。

1)はカーレースやフライトシミュレーターのような大型筐体も該当すると思います(個人的にはこれが大好き)。すでに地方のショッピングセンターのゲーセンは、高齢者向けのメダルゲーム(ぱちんこの代替)とキッズパークへと変化しています。1)の路線では有力IPとの協業などは期待できるでしょう。モンスターボール投げたい!
ゲーセンの中でもクレーン、メダルなどはリアルな体験の面白さが強いので、スマホでの体験が発展しても差別化が出来ていると感じます。
主婦層や高齢者というターゲット拡大もしています。

ゲーセンへの需要が著しく低下しているというより、スマホ市場のようにコンテンツドリブンで人を魅了できる遊びを生み出し続けるプレイヤーが少ないし、事業収益性的に大胆な挑戦をし続けづらいと感じました。
ゲームセンターには元々あまり行く方では無かったですが、ショッピングモールに併設されたファミリー向けのゲームセンターには行くようになりました。やり方によっては色々とチャンスはありそうです。
スマホゲームより前から縮んできていて、またスマホゲームが成長する中でゲームセンターはそこまで縮んでいない、とも見ることができるグラフのように思うが…
Kato Junさんのコメントの通り、カニバってないし、元々ゲーセンが落ち目立っただけの気がする。
2008年から日本の人口は減少を始めているので、新規ユーザーを獲得できていなかったので、同じようにユーザー層が減っていったのだろう。それに合わせて、コト消費は拡大しているが、ゲーセン以外に体験価値を求めているのではないか(ゲーセンに価値を見出していない)。
既存立地・既存ターゲットに今までの延長だと衰退するだけなので、そこを変えるには業態転換も必要に。ただそれをやる体力があるかどうかは、変化の必要性わかっていながらも各社辛い部分もあるんだなと感じます。
その土地その土地のたまり場、のようなものが、今の子供にはないんじゃないでしょうか?スマホでも気軽に一緒にプレイ出来る今だからこそ、家の中ではない外のたまり場で一緒に経験を共有する、そんな場所の一つとしてゲーセンがあってもいいんじゃないかと思います。その中で切磋琢磨されて、〇〇町の王者、みたいな地方コミュニティから生まれる存在が出た方が、例えばEスポーツのようなものも競争力をさらに高めると思います。
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル連載「こうして企業は倒産する」をリニューアルしてアップデート。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。