新着Pick
4444Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AI時代に必要な人間力。その形成に必要なものとして、記事の中で「Creativity(創造力)」と「Compassion(情、共感力)」を挙げました。

アイデアは、既存の情報と情報の新しい組み合わせから生まれる。ただ、今はある程度の情報はネットで多くの人が得られるようになっています。どこで差がつくかと言えば、インプットとしての「新しい」「独自視点」の情報。コンフォートゾーンを抜けて、アナログ、リアルでどれだけ体験し、情報のかけらを収集できるかという点が今後さらに重要になってきます。それが創造力に繋がる。

「情、共感力」については、ジャック・マーや元Google China CEOのDr. Kai Fu Leeが「LQ(Love Quotient)」の話をしています。LQとは、自分と他人を思いやれる力。ECだったりComputer Scienceを極めた人たちからLQの話が出てくるのは意外かもしれません。ただ、AIと人との共存を考えると、それは不思議な話ではありません。AIを追求すればするほど、人の役割が何なのかを追求することになるからです。

ただ、これら2つの力だけではなく学習全般は、子どもの頃の非認知能力を基盤として養われるもの。本記事では、非認知能力をどのように身につけるかについても解説しています。ご関心ある方はご高覧頂けたらと思います。
「土台」というのはよくわかります。
計算ができるとか漢字が書けるとか、そういうことではなく。
子どもは、「小さな大人」ではなく、「子ども」という別の存在だから、自分の経験を押し付けない方がいいなと、日々の子育ての中で感じ、自戒する日々。
「環境を整えて結果を強要しない庭師」のようでありたいものです。
もしかすると、「こんなことは当たり前じゃないか」というようなご意見もあるかもしれません。

ただ、最近子どもが生まれ、このテクノロジー時代に揉まれるであろう我が子のことを考えると、今一度、記事に書いてあるような「当たり前」を大切にしたいと思い、今回のような記事にしました。

時代は変わっても、親がやるべきことは何も変わらないですね。そんな子育ての「原則」を、なるべくエビデンスに基づいた形で紹介しています。

完全グラフィック記事で5分もあればすぐお読みいただけると思いますので、ぜひご覧ください。コメントもいただけると、とっても嬉しいです。みなさんの育児のお話などもぜひ教えてください!


=======
<訂正とお詫び>
「ペリー就学前プロジェクトを行う」と表記しておりましたが、正しくは
ペリー就学前プロジェクトの研究を行う」となりますので、当該箇所を訂正させていただきました。
また、ジェームズ・J・ヘックマンが非認知能力を「世界で初めて」提唱したという記載につきましても
明確な裏付けが検出されず、削除させていただきました。
ご迷惑をおかけした読者の皆様ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。
基本的な「いろは」が見やすくまとめれらていて面白い!
しかし先週、子供を一度も抱っこしたことない、子供を一度もかわいいと思ったことないし触れたこともない、まだ字を読めない赤ちゃんに読み聞かせって意味あるの?というお父さんに立て続けに出会い、「いろは」と思っていたことは、"必ずしも常識ではない"と衝撃を受けました。
だからこそ、男性ユーザーが多いNPでこのような企画は意味があるんだなと。

個人的に最近大切だなと思うのは
①暇&余白の大切さ(暇から生まれれるモノは多い)
②自分で決める、考える(大人もそう。仕事、片付け、余暇…全部自分がどう生きたいか?)
③ある意味、情報なんて知らんがな。「その子」を見ること
④親もおもろいの共有(押し付けではない。リツイートや本の回し読みの感覚)

あ、あと、やらない事も大事。
子育ての話ですが大人の組織運営も全く同じ。
組織や一緒に働くひとへの信頼愛情がチャレンジする意欲、
モチベーションを引き出す。
いい上司になる最高の教科書が子育てな気がします。

大人相手だと子育て以上に愛情信頼基盤を忘れがち。

『挑戦の根っこには信頼が必要』
寄付でなくマイクロファイナンスで多くの人の自律、自立をサポートする慎さんの言葉が沁みる。
AI時代に大切なことは、自分が120%夢中になれること、即ち狂気に近いものを持てることだと思ってます。そうでない凡庸なスキルやアウトプットはすぐにAIと言わずITで自動化されます。
その夢中になれることを持つためには、この記事にもあるように自己肯定感と、意思決定し行動できるモチベーションが礎となります。

一点補足するとすれば、この記事では幼児教育で非認知能力を養うことの大切さが説かれていますが、私の現場感では、環境や大人の関わりによって、中高生どころか大学生でも非認知能力は大きく変化します。

どんな時期でも遅すぎることはなく、目の前の子どもたち一人ひとりと向き合えば、必ず良い方向に子どもたちは変化します。大人として接する時に、過去の教育の責任を叱責するだけでなく、今の目の前の若い人を自分たちの手で育ててあげてください。
新学習指導要領が小学校では2020年度から、中学校では2021年度から全面実施されます。小学校から英語やプログラミングが必修化され、親も教師も経験したことのない変化に期待と不安を抱えています。NewsPicks発「母親をアップデート」コミュニティ調査でも、変化への対応が求められていることへの危機感がありました。

そこで特集初回は、不安や危機感に翻弄されないために、科学的に実証されている「子育ての原則」をまとめました。本人も母として変化に向き合っている、すなだグラフィックエディタによる力作をお届けします。
東京都の商工会連合会での青年部(といっても実態は30〜40代)の活動にしばらく関わっています。
各自治体の商工業者の代表で、活動内容は商店街の祭りや産業祭、花火大会や街コンの企画運営などのボランティア活動です。
メンバーの傾向としては子沢山で地域の子どもをとにかく大事にする、いわゆる商店街のオッチャンたちです。
今の東京都の商工会青年部代表は、奥さんが6人目を妊娠中というエネルギッシュな経営者。

彼らの多くは大学は出ていないし、「元ヤン」も多いんですが、ここで言われている子育ての原則はまさに実践されているなと思います。
他人の子どもによく構うし、多種多様な職種の経営者である父親とその仲間たちの宴会の場にもしょっちゅう顔を出している。地域の祭りに参加すれば知り合いだらけ。
最高なローカルコミュニティと思うのですが、ご多分に漏れず担い手不足に陥っています。
最近はサラリーマンメンバーも増えていますが、多くが自分の時間をコントロールしづらいのと転勤などによって関係性が分断されがちです。

今まさに私自身、新たな認定こども園の設立に向けて準備中ですが、私自身が時々やってくる変なオッチャンとして
園の外の世界を感じてもらい、地域との愛着形成ができるようにすることが大きな課題と思っています。
子どもの頃に楽しみにしていた地域の祭りの運営者になりたいと子どもたち自身が思えるようになってくれればいいなと思います。
ペリー就学前プロジェクトって、ヘックマン博士自身が行った研究調査じゃないでしょ。それと、「非認知能力」という言葉って、ヘックマン博士が世界で初めて提供したの? それは知らなかったけど・・・ほんと? 下のほうで僕もコメントしてますけど。
(追記)間違いを指摘したら、修正してくれました。
10歳の娘と2歳の息子の父でもあります。

ここで書かれている事は確かにそうだと思います。
こういう声掛けや子供の気持ちの壁打ちなどを
できる人とできない人の差は物凄く大きいような気がします。

あと、親同士の喧嘩や悪口は子供は確実に聞いてます。