新着Pick
39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もちろん、周到な準備は必要だと思いますが、私は一人でもちゃんと死を迎えることは出来ると思っています。
→現実問題としてある程度の金融資産は必要です。

最大の問題は、痴呆症にならないようにすることです。

あと、自分の死を看取る為に子供がいるとも思えないんですよね。

父は、亡くなる前日まで、残していく私のことばかり気にしていました。そして、父が亡くなって見つけた父手書きのレシピノートを見て、私、ちゃんと生きて行こうと思いました。
明け方、寝ている間に静かに亡くなった父は、最後に、おやすみ💤と言ったのが最後の言葉なので、私も、おやすみと言って逝きたいなと思っています。
好きな連載です。
『負け犬の遠吠え』が出版されたのは2003年。16年前が経ちました。
「ああ、『負け犬の遠吠え』を書いた時は、やはり若かった。あの頃は、結婚さえすれば様々な問題は解決するような気がしていました。また結婚をしなくても、まぁまぁ楽しく一人で生きていくことができるようにも思っていたけれど、しかしどんなことにも「その先」があるのです」