新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
保冷ボックスを保管する場所の設備投資、店舗設計がされていくということ。
業務効率としてはサイズの規格化とかが重要になる。また規格は浸透するのに時間がかかるから、将来的なボックスから棚への自動配置とかも見据えた議論とかも起こるかもしれない。そうするとチルド棚とかとの連携も重要になってくるし、ボックスを保冷にするか、ボックスを冷蔵場所におけるようにするかなどコールドチェーンの設計にも関わってくる。
時短営業がキッカケではあっても、24時間店舗のオペレーションにも関わってくると思う。業務用冷蔵庫や物流含めて、大きな議論になってくる可能性。
深夜営業を止める事での懸念は緻密に組まれた物流網。現状はやはりそれを活かした上での対応です。ある種置き配のようですが、納品→検品→棚出しが自動化できないと基本的に脱マンパワーは難しいですね。
コンビニは24時間営業の中で商品の入荷の対応も行なっているので、深夜帯に搬入していた商品の対応をどうのようにしていくかは重要な要素だと思う。まだ店舗数が少ないので配達ルートを工夫することで対応ができるかもしれないが24時間営業ではない店舗が増えてくると、交通量の問題も含めて商品供給も難しくなってきそうだ。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.61 兆円

業績