新着Pick
154Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ケンブリッジアナリティカとロシアにあれだけ良いようにやられた世紀の大スキャンダルを起こした前回選挙の次ゆえやって当然、やらなければ悪、という話。ただしイタチごっこだしロシアを封じても中国もイランも非政府組織もバトルロイヤルで仕掛けてくる。

確かにSNSが分断を煽っているのは事実だがさりとて現実社会で戦争や分断や二極化が無くならない以上、SNS上だけそれを無くせ、というのはフェアじゃない、というか現実的ではないと思います。確かに人間社会の負も善もアンプリファイするのがSNSだが地上から無くなるとも思わないので、あまり目くじら立てずに、かつ監視も怠らずに付き合うのが吉では。

ちなみにコメントとライクが主たる機能である以上NewsPicksもSNSです。最近は日韓問題はじめナショナリズムが否が応でも発露される話題も多い、他人事ではありません。SNS運営には残念ながら性悪説が必要な時代となりました。
現代版の諜報活動の戦略は、投票率を数%いじる + 支持政党への意思操作を数%すれば誰であっても当選させることが可能ですし、民衆運動の躍動が可能です。このあたりはNetflixのGreat Hackを見ると、話のリアリティが完ぺきにわかります。ケンブリッジアナリティカはいなくなりましたが、技術的にはどの国でもできます。
フェイクニュースによる情報操作の恐ろしさはNetflixのドキュメンタリー「グレートハック」観てもらいたい。これはケンブリッジアナリティカの話だけど、個人情報を活用して行動変容を促していくのは恐怖すら感じる。中露を中心に外国勢力からの攻撃には国家単位で備えていく必要がある
サイバーセキュリティの分野では何が合法で、違法かの線引きは行われているが、SNSはひたすらグレーゾーンが広がっているだけなので、ここに法執行機関が介入するのは難しい。この分野はインテリジェンスと同じく、上手くやったものが勝ちという世界なので、ロシア側はそれをハイブリッド戦争の一環と見なしている。つまりロシアはSNSを広い意味での戦争の道具としているのであり、その認識を理解しない限り、欧米はいつまで経っても守勢を強いられることになる。
チェンさんもコメントしていますが、こうした現象は今後も増えそうです。が、前回大統領選挙と異なり、FBがしっかり監視し、何が起きているかを公表・報道している点は、望ましい方向に向かっていると思います。
ずっと似たような手口。「自由」であるから続く、対策とのいたちごっこ。
ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)によると、有権者に対する誤情報の禁止は政治家による広告にも適用される。

むしろここに引っかかりました。ファクトチェックどうやるんだろう。
前回のアメリカ大統領選のことを思うと、大きな変化でありすごい進化だと思います。当時のザッカーバーグ氏がフェイクニュースの影響を「ばかげている」と一蹴したことは、まさに「今は昔」になりました。プラットフォームが自らの責任と自らのブランドセーフティに本格的に取り組んでいることを歓迎します。ただ、テクノロジードリブンの時代の取り組みは永遠持続が求められます。さらなる対策を期待します。また、プラットフォームだけに任せるのではなく、ユーザーの側もリテラシーを高め、フェイクニュースを発見し告発していく責任があると考えます。これも永遠持続の取り組みです。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
62.5 兆円

業績