新着Pick
968Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
レガシーな業界のデジタルトランスフォメーションは、無為に古い構造、プレーヤーを壊せば良いというものではない。既存のプレーヤーの変革を支援しつつ、ユーザへの価値も増大させ、既存のプレーヤーと協働して業界全体としての価値を増すことこそが、正攻法。

という点では、カケハシはそれを地で行っている。薬局、薬剤師の業務を効率化し、患者さんに適切なアドバイスをし、三方良しを実現している。
薬機法の改正などもあり、
躍進している創業3年のカケハシ。
大注目の医療系テックベンチャーです。

伊藤忠やアフラックなどが新たに株主となり、
シリーズBの約26億円を調達。
累計調達額が約37億円となったことを発表しました。

カケハシの連載は全3回。
次回はCOO中川氏と異業種からジョインした
営業のホープ、市川氏の対談です。
今年の「AWS Summit 2019」にて、私の担当セッションに登壇頂いた 株式会社カケハシCEOの中尾さん。クラウドを活用した電子薬歴管理システムを展開されていて、今年の経済産業省主催ヘルスケアビジネスコンテストでグランプリを獲得しています。

薬剤師の負担を軽減して、患者と向き合う時間を増やす。かかりつけ薬剤師制度を普及させる上でとても有効なツールとなる。
旧態依然のこの業界に新たな取組みを普及させる為に、中尾さん自ら全国を飛び回っている苦労話をお聞きしていましたが、VCからも確実に評価されていますね。
サービスは拝見していませんが、残薬問題や服薬コンプライアンス向上、さらには過剰処方の改善にまで切り込めるかに期待します。
大応援の薬局向けヘルステックSAASスタートアップ「KAKEHASHI」の大規模資金調達の裏側インタビュー。典型的なレガシー規制業界で、新たな旋風を巻き起こして欲しい。
目から鱗でした。

日本の調剤薬局向けサービスは、
デジタル化による効率化の要素が強く、
競合があまりいない
とても良い領域ですね
Good luck, Yutaka-san!
製薬企業と調剤薬局に目を向ける会社や製薬企業と顧客に目を向ける会社はあったが、調剤薬局と顧客に目を向ける会社はたしかになかった気がする、
素晴らしいですね!
株式会社クリエイトSDホールディングス(クリエイトエスディーホールディングス、英語: CREATE SD HOLDINGS. CO., LTD.)は、神奈川県に所在する持株会社である。事業会社はドラッグストア(薬店)・調剤薬局を運営する株式会社クリエイトエス・ディー(英語: CREATE SD.CO.,LTD.)など4社である。 ウィキペディア
時価総額
1,953 億円

業績