新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
諸事情によってだいぶ前から聞いていました。本日ジョコビ大統領の再任就任式典が執り行われており、組閣は今来週にもというタイミングで本人事が内定しリークとなった模様。

ジョコ政権は前期から一貫してプロ・デジタルエコノミー、狙いとしてはニューエコノミーの象徴を側近として置く事による人口構成比が高い若年層からの国民支持でしょう。
以前、国交省がライドシェアは違法であるとしてGojekらが突如バンされた翌日にすぐさま大統領の一声でひっくりかえしたエピソードなどもありました。

私はそちらよりGojekの行く末のほうが気になります。毎年千億円単位で投資家から資金調達して、同額燃やしてまた調達、を繰り返しているユニコーン越え・デカコーンの行く末、Grabとの死闘の行く末。簡単ではありません。

そのような戦場で火花が散っている最中にリーダシップを降りて、弱冠35歳で一国の大臣のキャリアを選ぶという選択とそのタイミング、数千億円単位で資金を調達したその責任に対する忠実性含めて、それらを後の歴史がどう判断するのか。
シンガポールのチャンネルニュースアジアによれば、教育大臣かデジタルエコノミー担当大臣との観測。報道によれば今週後半にポストが判明するとのこと。

庶民派といわれたジョコウイ大統領ですが、最近、強権化などと言われていたので(メガワティ家関連やパプア関連の対応などが原因)、若者層を中心にこの人事で支持率が大きく上昇する可能性があります。組閣後の世論調査に注目です。

インドネシアは中所得国として堅調な成長軌道に乗っていますが、インドネシア版インダストリー4.0の動きがあり、今後の産業の高度化やデジタイゼーションが重要な局面を迎えています。順調にいけばPPP(購買力平価)ベースで、2030年に世界トップ10エコノミーの仲間入りという試算もあります。

マカリム氏がデジタルエコノミー担当大臣となれば、こうした政策に実質的にも意味が大きい人事になる可能性があります。

教育大臣も非常に重要なポストですが、政治的なバランス感覚や各勢力や団体に対して注意深い配慮が必要な重要ポストです。実現できるか分かりませんが、実現するならば、長期的なインドネシアの教育事情に大きな変化を起こす可能性があります。

NewsPicks編集部が以前、マカリムCEOにインタビューした記事はこちらです。
【ゴジェックCEO】たった4年で「国民的アプリ」を作る方法
https://newspicks.com/news/3977342
これはすごい。 同時期にボストンで学んだ身としては大変刺激を受けます。卒業して8年の間に1兆円企業を作って、閣僚になる。そんな35歳。
日本で言えば、ライブドア当時の堀江さんが閣僚になる様な衝撃でしょうか。

インドネシアはジャカルタの都市人口が世界最大と言われる東京を数年で抜く見込みですので、どう改革していくかを知っておくことは意義があると思います。

ちなみにgrabのアンソニータンもハーバード同学年ですし、東南アジアで30代中盤が本当に世界を変えつつある。 小泉進次郎氏も同世代ですが、ここからのインパクトがどう変わってくるのか、同世代としては注目していきたい動きです。
一時期のFBのザッカーバーグ氏の大統領出馬など、ミレニアル世代の起業家の政界進出の話は多いのですが、同世代として非常に共感します。

どういう方法論がベストかのHowの話は置いておくと、国のあり方を本気で変えたいと思っている人はかなり多いはず。

投資家に対する責任など、立場によって見え方は変わると思いますが、we workやUberのCEO交代の話もあるように、企業とファウンダーがある意味でちゃんと違うものとして切り離されるケースも増え、世界の合理化は進んでいると思うので、実務としてゴジェックを次の体制にバトンタッチする事ができるのがベスト。

CEOをやっていてバトンタッチを考え抜いて実行した身としては、会社の事を誰よりも本人が気にしているだろうし、その上での決断なので、そんなに軽いものではないと思います。
ユニコーン企業から閣僚へ。この動きはとても気になる。
gojekは、あたり前に存在したバイクタクシーという生活基盤にフォーカスし、インドネシア人の生活にイノベーションを起こしたサービスだと思うけど、これが政治の世界にどう活用されるのか、、、今後も注目していきたいトピックのひとつです。
ナディム・マカリム氏は35歳。同じ入閣が予測されているマハカ・メディアグループのエリック・ターヒル氏は40代です。
 議会対策で、与党各党からの推薦で閣僚のほとんどが埋まっていた一期目に比べると、二期目のジョコ・ウィドド政権は、民間の若手起業家を入閣させることで、人気を得ようとするのかもしれません。
 一方、最大野党の党首であるプラボウォ退役中将を入閣させることで、オール与党の盤石体制を固めようとしているともいわれます。
 いずれにしろ、議会政党に拘束されない、強権的かつ強力な指導力を持った二期目の政権をつくりたいのではないでしょうか。
 組閣が完了するのは23日水曜日ですが、今日のうちにほとんどの閣僚候補に電話がかかってきて、だいたいの顔触れはそろうはずです。
適材適所ですね。
本当に成果が出せるかは、お手並拝見になりますが。

日本でも、派閥の力学でなく、
実力本位で議員かどうかに限らず、
適材適所の人事が、
もう少しあっていいと思います。
日本の閣僚人事も政策実行という観点からは柔軟に民間起用した方がいいのだが、論功恩賞をやらないと与党内の政権基盤が固まらないというジレンマはそう簡単に解決しないのだろう。そう思うと小泉政権はすごかった。
成功した若手起業家を抜擢するのは素晴らしいと思うけど、ゴジェックはまだまだ生き残りを掛けた戦いの真っ最中で戦線から降りるのって従業員や投資家に対してどうなんだろう??ライドシェアってまだビジネスモデル世界的に確立されてないし、Grabからの猛追撃も受けてるし。内情知らないけど大丈夫なのかな??

ゴジェックの共同創業者ナディム・マカリム氏(35)は第2次ジョコ政権に閣僚として加わるため、CEOを退任した。デジタルエコノミー担当大臣との観測。
約4年前、Nadiemさん率いるGojekチームと一緒にやった以下URLのマーケキャンペーンが昨日の事のよう。あの当時肌で感じたGojekへの社会の期待感は凄まじかった。
今後の益々のご活躍をお祈りします!

https://www.facebook.com/gojekindonesia/photos/a.187224147978239/1047803245253654?type=3&sfns=mo