新着Pick
840Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
> リベラルな「上級国民」は、トランプを支持する白人を「ホワイトトラッシュ(白いゴミ)」と呼んでバカにし、

これは完全な間違い。僕の周りは橘氏の言う「リベラルな上級国民」ばかりですが、アメリカに10年以上住んでこんな言葉はただの一度も聞いたことがありません。こういうことをいう人がいるとすれば、昔から社会の底辺にいて白人への憎悪を煮えたぎらす(ごく一部の)非白人でしょう。アメリカで人種差別が未だ残るのは、昔から底辺にいる非白人と、新しく底辺に落ちた白人の間です。橘氏が書くような「上級国民」と「下級国民」の単純な二項対立ではありません。

上級国民、下級国民という言葉のチョイスに強い不快感を覚えます。本を売るためにあえてセンセーショナルな言葉を選んだのでしょうが、やってることは票を得るためにあえて分断を助長するような言葉を使うトランプと同じですね。票を取れさえすればいいんじゃない。売れさえすればいいんじゃない。

内容に関しては、上の一点と不快な言葉のチョイス、過度に単純化された構図以外は、おおよそ現象を的確に捉えていると思う。でもその現象の根底にある原因が何かには切り込んでいない。

原因は、グローバル化と技術の進歩です。製造業は海外に逃げる一方、変わってアメリカを牽引するIT産業は「製造」を必要としません。つまり、車は設計しても生産するのに人手がいりますが、ソフトウェアは一度開発すれば、コピーするのに人手は必要ありません。自ずと報酬はプログラマーに偏ります。現在のビッグ3(グーグル、アップル、アマゾン)は、かつての自動車のビッグ3とほぼ同じ売り上げを出してますが、雇用者数は9分の1だそうです。

AIが人間を超え仕事を奪う、というような心配をよくみます。現実は、僕が生きている間に、AIが人間のすべての仕事を奪うことはないでしょう。でも、徐々に、できるものから、奪っていきます。たとえば自動運転は運転手を不要にし、アルゴリズムトレーディングは人間のトレーダーを不要にするでしょう。

技術が進み、人間の仕事が徐々に狭まっていくにつれ、富は残された高スキル人材に徐々に偏っていきます。30年後に僕らが見る世界は、シンギュラリティが発生して誰も働かなくて良くなったユートピアや、人間がAIに支配されるディストピアではなく、今よりさらに酷くなった格差社会でしょう。
すごくわかりやすい。
Brexitの話も、結果が出てから、驚いてるイギリス人は多かった。
トランプ大統領当選の話も現実のものになってから、驚いているアメリカ人は多かった。
それは、外国人や外国メディアからコンタクトしやすい人々(おそらく、ここで言うところの上級国民)の反応なのだと思います。

Brexit支持層も、トランプ大統領支持層も、日本から、外国からは見えにくい。なので、いつも世界は驚きをもってそのニュースを知ることになる。
なぜなら、その結果を支持する人たちが、ジョーカーのように「社会から見えにくい」から。

▼インタビューより
イギリスは伝統的に階級社会なので、白人はもともとエスタブリッシュメントとワーキングクラスに分かれていました。
それを労働党のブレア政権の時に、「イギリスをミドルクラス(中流階級)の国にする」という改革をやって、移民出身者も含め多くの国民が、これによって「下流」から「中流」に上がることができました。
ところがそれでも、下流のままとどまってしまう白人たちがいる。彼らにとっては、いまや「ミドルクラス」になった移民出身者のほうが自分たちよりも「上」です。
その上低賃金の仕事を求めて東欧などから移民労働者が流れ込んできたことで仕事を失い、わずかに残った(白人としての)既得権をBrexit(ブレグジット)で守ろうとしているのです。
イギリスでも白人で高学歴のリベラルは、貧しい白人労働者層を「チャブ(Chavs)」と呼んで徹底的にバカにしています。まさに、イギリス版「上級国民/下級国民」の構図です。
記事のお話は、ジョーカーの話も含め、メリケンの「知識層」が近頃よく言うことで、大方同意します エイガは見に行ってるとおもいますが

分断に関連して、中西部にはいくつかの大規模大学(イリノイ、ぱでゅー、そしてミシガンなど) がありますが、これらの大学、とくに州立大には、独自の役目がある、と感じることがおおいですねぇ 極端に単純にすると、東西海岸への人材供給ソースになるのか、中西部の産業構造変化を加速するイノベーション+トレーニングセンターになるのか、ということです 前者は他地域の大学でもできるし、ほっといても起きるので、後者を意図的に伸ばしていく役目があると感じます
米国の人種別所得の中央値(2017年現在)と、1989年11月にベルリンの壁が崩れて世界が急速にグローバル化を始めた1990年から2017年までの伸び率(括弧内)は、アジア系 $81,331(16%)、白人 $68,145(15%)、ヒスパニック $50,486(25%)、黒人 $40,258(21%)です。そして、所得下位10%と上位10%の所得格差はアジア系が11倍、黒人が10倍、白人とヒスパニックが8倍です。
アジア系の所得水準と所得格差が共に大きいのは中国やインドから高学歴の高所得層が米国に移民したからですが、黒人とヒスパニックについても、所得が白人より伸び、所得格差も大きいですから、上位層は普通の白人を超えて行く。
グローバル化を背景に米国経済が成長する中で自分たちだけが取り残された、と感じる平均的な白人の怒りが、グローバル化とそれを推し進めたエリート層、移民、更には既存の社会秩序や知性そのものに向かうのは確かに分からないでも無いですね・・・ そしてトランプ大統領はその怒りに乗っている (@_@。フムフム
翻って我が国は、政府の調査(ジニ係数)によれば、当初所得の格差は広がっているものの再分配後の所得格差はむしろ縮小傾向で、幸か不幸かグローバル化の中で経済全体が停滞し、所得そのものが減り気味です。国民の怒りはグローバル化やエスタブリッシュメントの否定に向かうより、財政支出と金融緩和で経済を刺激して成長させない政府に向かい勝ち。人心の安定には良いですが、果たして喜んで良いものか。いずれも解決が難しそうな問題ですね・・・ (・。・;
アメリカのプアホワイトがこう思っているのは事実だと思います。その怒りを理解出来ないリベラルが毛嫌いされているのも事実。ただプアホワイトの所得や社会的待遇が黒人やヒスパニックの下かと言うとそれはそんなことはないんです。例えば同じ犯罪を犯しても摘発される可能性や刑罰の量刑も明確に白人が優遇されてますから。結局ブルーカラーの白人が多い州は人種差別がそもそも激しい中西部や南部地域で、そこに住む白人の多くは自分達の方が黒人やヒスパニックの上であるはず、あるべきだ、という人種差別に基づく勘違いがあるので、同レベルであることは下であると思っちゃうんだよね。
「「下級国民」はかつてマジョリティだったのに最底辺に落ちてしまったと思っている人」。米国に限らず中流から脱落する層は先進国で拡大するばかりだけど、この人達が最も憎むのは富裕層ではなく綺麗事ばかりのリベラルエリートという論考にはとても腹落ちした
アメリカに行って内陸に車を走らせると、このpoor whiteな人々が暮らす街があり、実際に目にすると、内心軽い恐怖心を感じます。彼らは、スマホこそ使っていますが、ネット社会の恩恵をほとんど受けていないライフスタイルで暮らしています。
同じようにアメリカの田舎に住む中流家庭の人々とは、全く違います。まず、笑わないのです。そして、アメリカの厳しさだなと思いますが、お店が少ないです。お店に置いてあるものは、明らかに中流家庭が住む地域とも違います。

疑問なのは、トランプ大統領の関税政策は、彼らには打撃でしかないんですけどね。
何故、支持を続けるかが理解出来ないところがあります。
悲しけれど、分断された社会がそこここにあります。人々の不満の代弁者が、トランプさんやジョンソンさん。しかし、不満の根っ子の改革には繋がっていないようです。
大変興味深い内容。世界中で起きている事象の背景が、わかりやすく説明されています。分断の解決は今後ますます重要な課題になりそうです。
アメリカの「白人至上主義者」がこころの底から憎んでいるのは、「知識社会のリベラル」です。

これは言い当てている。アメリカン・ドリームは子供世代が親世代の年収を上回ることで体現されていたが、もはやそのような人達は半分くらいしかいないわけで。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。