新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
北用船は金正恩政権になってから観光政策を強化していると磯崎敦仁著「北朝鮮と観光」(毎日新聞出版、2019年)は指摘しており、観光地としての北朝鮮という視点が必要になっています。今、日本人には馴染みのない観光地でも、かつては、JTBや近畿日本ツーリスト等大手旅行代理店が北朝鮮パッケージツアーを展開していたこともある。金剛山(クムガンサン)など、朝鮮半島の歴史において重要な意味を持つ場所や名勝は北朝鮮側にあるものが少なくない。

Lee Dal-Youngさんのコメントを拝見すると、韓国語報道との差があるようですし、資金や資材の面をどうするのかという課題もあり、様々と留意をしつつ、見守って行くべき動きかとは思います。
トランプ政権の「言うこと」に振り回されるのは危険だ。むしろ、実際に何が起きているのかに注目しよう。トルコで何が起きたのか。イランがどうなったのか。世界の貿易がどうなったのか。事実を直視しよう。
「北朝鮮にはtremendous opportunityがある」と何度も強調してきたトランプ氏ですが、北朝鮮側がのれるかどうか。急な経済成長は民主化につながるとみたら、北の党支配にはマイナス。
昨年6月のシンガポールでの米朝首脳会談で、トランプ大統領は北朝鮮東海岸の観光開発への協力を示唆している。もう1年5か月前の話だ。米国はそのときから北朝鮮の観光事業への支援、インフラ改善への米国民間企業の参加を検討してきた。私も具体的な事業に関する断片的な情報も耳にしてきた。ストックホルムで10月初旬に行われた米朝実務者協議で、米当局者は北朝鮮に対し、非核化の見返りとして観光地建設を支援する長期計画を提案したと韓国紙の韓国日報が報じたという報道。なるほど。
Leeさんのコメントを拝見すると、実際にはどうなの?というレベルの記事ですが、北朝鮮は韓国より歴史的観光名所や名山が多いのは事実ですね。

私、韓国歴史ドラマをよく観ますが、朝鮮半島最大の国だった高句麗は、今の北朝鮮から中国にまたがる地域にありました。
金剛山もよく歴史に出てきます。

また、海外沿いも、古くから交易で栄えた港町が北朝鮮に多いです。

ですから、これが本当ならば朝鮮半島の歴史に興味がある私は嬉しいですが、実際のところが分からないとぬか喜びになるので、話半分くらいに聞いておきます。