新着Pick
406Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サブスクはコンテンツを低い原価で使いまわせるほど儲かりやすいです。サブスクの儲かり方が本来おもしろいのは、最初は獲得コストがかかっても、利用ごとの原価を抑えて継続されればどんどん儲かるようになること、という認識です。

デジタルコンテンツを使い回す系のNetflixやSpotify、耐用年数の長い家具やバッグのレンタルは筋が良いです。この記事の家電レンタルは商品ごとに価格が違うとのことなので、さらに儲かりやすいですね。(言ってしまえば普通のレンタルですがサブスクという言葉が流行りすぎて目新しく見えますね)

アパレルは何回か貸すとダメになってしまうのと、交換頻度が高いので都度のクリーニング代と配送費が結構かかるので微妙なところ。

食関係のサブスク(というか会員権ビジネス)はおもしろいけれど、利用ごとに原価がかかるので、サブスクならではの儲かりやすさ効果は相対的に薄いです。なので取り組んでいる会社さんは結構チャレンジしていると思います。
あんまり関係ないコメントで恐縮ですが私ならマルウェアを混入させたりHidden Kernelを入れて返します。。。
実際に海外でありましたよねこういう事例。
レンタルとサブスクでは事業者側の狙いが全く違います。レンタルは単純に物を貸すだけなのに対し、サブスクはユーザーIDに紐づく消費者行動を解析して、これまでとは違う価値提供を追加で行うものです。サブスクは従来の課金に加えて新しい課金も見込めるので、従来分の課金を比較的安く抑えられるメリットがあります。でも、最近巷で蔓延しているなんちゃってサブスクはただの課金体系を変えているだけで、新しい価値提供なんて考えていないので、コスト的なメリットも生まれません。なんちゃってサブスクってたちの悪いレンタルモデル(基本料+無限延滞料)と同じなので、最初からレンタルと割り切っている方が、経営的にも価格戦略的にも無難だと思います。
買う前に実際に使って試せることの価値って、顧客にとって、実はかなり高いのでは…と個人的に思っています。

また、企業側としても、ユーザーレビューから製品の改良点をより早く発見できるメリットの価値があるようにも思います。
サブスクとレンタルの間には、「ポータビリティ(持ち運びやすさ)」というキーワードが見え隠れします。
ふむふむ

業績