新着Pick
180Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
恐ろしく無知と無理解と偏見に満ちていて、こんなの出版して大丈夫ですかと心配になるレベル。

とりあえず巨大なものが消えると書けば売れる、というだけの記事(と本)なのだろう。

ブロックチェーン技術があたかも「夢のセキュリティ技術」であるかののように語られているが、ビットコイン式のオープンPoWでは一定の条件で改ざん可能性が極めて低い、というだけで、ブロックチェーンが特別高いセキュリティ技術というわけではない。

むしろブロックチェーンのセキュリティの要は、Google他のあらゆるインターネットでも同じように、暗号化技術そのもので、特にセキュリティ面で差異はない。ビットコインに使われているSecp256k1楕円曲線暗号も、銀行取引等の他のネットセキュリティと基本的に同じもの。

それは、中央集権か分散か、とは関係ない。

>グーグルが築いた世界では、人間の頭脳より機械の方が優れており、人間の知能はグーグルのアルゴリズムに及ばないと信じられている。
>しかし、こうした決定論的な発想からは、新しい発見は生まれない。

多分、ギルダー氏がそう「信じて」いるだけでは・・・。

おそらく、Google的世界では、唯物的・論理的・決定論的に物事が考えられており、人間の感覚に相当する部分が軽視されているので、いずれは限界が来るという直観に基づいて書かれているのだろうが、論理の限界が理解された上でそれを超えるブレークスルー(特にディープラーニング)が起きているのであって、ギルダー氏が批判しようとしている世界など実は存在していない。

>1930年、数学者ダフィット・ヒルベルトは、数学を最高の学問として確立した・・

この辺りの数学史の記述は著しく不正確で読むに耐えない。

>いずれは「システムそのもの」に責任を持つネットワークが誕生する

一民間企業がシステムそのものに究極責任を持ち得ないことには同意するが、これは世界独裁と紙一重。その分散的実現は、理論的にはできても、世界民主主義すらできない人類に出来るのか。
つい買ってしまったけれど、あんまり説得はされませんでしたね。