新着Pick
506Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
情報弱者より

こんなこと言っているから、どんどん中身がなくなるのだろうな。
見る人間が見れば、ツールが良くてわかる。
誰を相手のプレゼン次第。
こんなツールで左右される人間は、どうなのだろう。

OHPで手書きで、漫画絵をかいた時の方が、プレゼンが相手に響いた。

今はツール奴隷。ツールで、妄想力が弱っている。出来合いのパレット使った時点で、制限される。
なんと。
私もKeynote派。
余計な機能がなくて、楽で速い。
出力はpdf。パワポにする必要がある場合はpdfをパワポにする。

パワポでしか作業できない労働環境で生産性ががた落ちになって、めちゃ評価下がった事がある。ツールが変わるとやる気なくなるよね。

確かにパワポしか持ってない人との共同作業はやりにくいが、私は基本的そういう人たちと一緒に作業しないし、する場合は手書きを渡して終わり。

Keynoteは、自分でプレゼンを作る時のツールなので。
Windows版のKeynote、ありましたっけ?

本文からの引用「そもそもキーノートはiPhoneとiPad、Macには標準で入っているし、Mac版はもちろん、Windows版もネットでダウンロードできる。」

Windows版Keynoteを使っている人いたら、ぜひ、教えて下さい。iCloud経由ならばWindowsでも使えることは知っているのですが、Windowsでダウンロードして使うKeynoteというのは知りませんでした。日本語、英語で検索をしたことがありますが、見つかりません。

追記:ネット記事をみていたら、この記事をみつけてpickしたのですが、NewsPicks内でも結構Pickされていたのですね。PCをMacintoshに乗換えて数年経ちますが、メインをWindowsに戻したくない最大の理由がKeynoteの存在。堀江さんがおっしゃっているように使いやすいのは確か。しかし、ダウンロードしてWindowsで使えるバージョンは知らないので、私も情弱なのか・・・OGAWA Takeshiさんが指摘されていることと同じことを言いたかったです。記事の編集者のまちがえか、堀江さんの勘違いか、あるいは私が知らないだけか。
まさかの Keynote 推し!

シンプルで質感の高いプレゼンを目指すことは、極めて重要です。

さらに目指したいのは、トークとスライドが完全にシンクロしたプレゼン。

PowerPoint でも Keynote でも、書き過ぎて、聴衆に読ませる。自分でも読んでしまう。これは本当にやめたほうがいい。
まぁプレゼンの際にパワポしか使えないPCが用意されてて、パワポ用にエクスポートしちゃうとKeynoteの良さは消える。

って事をみんな知ってるから、パワポ使う。
ヨワヨワです


そんなにいんですか 仕事上スライドを大量に作るので、使ってみようかなぁ、ソレ

(記事は読んでません)
ホリエモンさんがまさかのKeynote推し。

私はPowerPointの資料を作る時には、OneDrive上の一つのPowerPointファイルをMacとWindows、場合によってはiPadからも入って、修正します。

それぞれのプラットフォームで向いている作業が違う。Wordも同じです。特にWordの場合は、出来上がりの見え方が画面上で良く再現されるのがMac。Windowsだと、PDFにするか印刷するかしないと、どんな出来上がりになるかわかりません。そんな感じで、Mac上で作業をした方が見た目もきれいだし、作業もしやすい面もあるというのは同感です。

私もKeynoteは好きでずっと使っていましたし、Keynote推しの気持ちはわかります。でもPowerPointを使いこなせていない場合も、それはそれで情報に弱いと言えるような気もします。

お役所仕事や大学仕事だと、「PowerPoint工学」と揶揄されるような、謎のパワポスキルがたくさんあって、使いこなしているととんでもないところまでできますよ。すごくローカルなテクニックですが、今は科研費のシーズンなので、この瞬間もPowerPointでいろいろ作っている関係者がたくさんいると思います。(笑)
なるほど、致命的にデザインセンスのない私はパワポでプレゼン資料作るのが面倒でお金払ってでも人に作ってもらいたいタイプだけど、パワポをすっ飛ばしてキーノートに移行して、デキる男感を演出しようかな笑
字体の美しさ、貼り付けた画像の処理のしやすさなどから、僕もKeynoteの方が好きです。が、会社だと使用できるソフトウェアに制限があるのと(これが一番大きい)、共同で編集したりする時にパワポしか使えない人がほとんどなので、結局パワポを使わざるを得ないという。

共同というと、色んな人が個別に作った、字体も色もバラバラな資料が悪魔合体した「叩き台」が送られてくることがあります。僕はイライラする程度で済みますが、たぶん堀江さんはアレ見たら泡吹いて倒れると思う。
このコメントはわかりやすい
ーー
プレゼンをより素晴らしいものにするためのエフェクト(効果演出)だ

そして、プレゼンでシートを作るコツがうまくまとめられている。