新着Pick
258Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これらの台風は、他の様々なデータを見るに、今のところ上陸の可能性は低いです。
しかし台風20号は、上陸はないにしても、秋雨前線を刺激した大雨に警戒していただきたいです。詳しくは→https://t.co/Y0jYjoWIEk

台風が多いとの指摘がありますが、驚くほど異常に多いわけではありません。

2019年の台風(10/18現在)
接近数12→平年年間11.4個なのでやや多いくらい
上陸数5→2014年以降は年4~6個毎年上陸

近年の特徴として「勢力が強いまま上陸するものが増えている」というのは正しいので、そうインプットしておくのが良いです。
台風20号は昨晩に小さいながらもはっきりとした目を作っており、発達した様子を見せていましたが、現在は中心付近の積乱雲が崩れつつあり、少なくとも台風としては勢力はピークアウトしています。しかし温帯低気圧として本州の南岸を通過していく見込みで、この際に低気圧の北側に広く雨雲を作りそうです。18〜19日を中心に西日本から東日本にかけてまとまった雨となりましたが、それと同じくらいの雨を21〜22日にかけてもたらす見込みです。
また、台風21号についても本州付近に上空の偏西風が南下してくるため、本州への上陸はまずない見込みです。ただし、台風の直接の雨雲はかからないにしても、台風の北西側に発生する温帯低気圧に対して水分を供給する役割を負い、結果として24〜25日に本州付近にまとまった雨をもたらしそうです。すでに台風19号により10月の3ヶ月分ほどの雨が降ったところもあるのですが、明日から25日くらいまでの間にまたしても10月1ヶ月分の雨となるところが出てきそうです。被災地では土砂災害や浸水の被害に今一度警戒が必要となります。

なお台風が2つぶつかるということは勢力によほど差がない限りありえません。何度かご紹介していますが、回るベーゴマと思えば良いのですが、双方の勢力が拮抗しているほど、強く反発し合います。片方が元気で、片方がバテる寸前、のような状態だと元気な方に吸収されることもありますが、大抵はベーゴマ同士反発し合うような動きを見せるのが普通です。
また温暖化について言えば、たしかに今年はフィリピンの東海上で台風を作るような活動が比較的活発ですが、温暖化するとむしろ台風の数は減ると言われています。温暖化により大気全体に水蒸気の量が増えるため、台風が発生するのに必要な大気の不安定さが解消してしまうのが原因だと言われています。しかし、不安定さが解消してもなお発生した台風については水蒸気量が大きいためエネルギー量は現在の台風よりも大きく、強く発達すると言われています。そういう意味では今年は温暖化による影響の典型的なパターンからはすこし外れている印象です。
記事では降雨となっていますが、予断を許さない状況ですね。

二つの台風がぶつかり合って消えてくれればと願うのは、「ドラえもん」の映画の影響でしょうか・・・。

被災地の方々は当然のこと、被災しなかった人たちも要注意です。
毎年、こんなにたくさんの台風が日本に来てましたっけ?
温暖化が進んで異常気象になっているのかもしれません。
しかし、これほどまでたくさん来ると異常ではなく当たり前になってっしまいます。
過去100年の海水温上昇幅をみたとき、日本近海は世界平均のほぼ倍、かつ台風の通り道である日本南方では、だいぶシーズンである夏から秋にかけてがそれ以外の季節より上昇幅が大きくなっています。
日本近海でも高い海水温からエネルギーを得続けて、強い勢力のまま台風が上陸接近するだけの条件がそろってしまっているといえそうです。防災はもはや「万が一」への備えでなく、「数十年に一度」の規模の災害が毎年起きてもおかしくないと考えて備えをした方がよさそうです。
今週前半後半でまた台風が接近。気候変動との関連性はやっぱりあるのだろうか(あるいは立て続けに起こってるから結びつけたくなるけど本当はランダム?)

ちなみに名前の由来はこちら。名称案っていっぱい出るだろうけど、コンペ形式で選んでるのだろうか🤔
“台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風20号の名前「ノグリー(Neoguri)」は、韓国が提案した名称で「たぬき」の意味です。台風21号の名前「ブアローイ(Bualoi)」はタイが提案した名称で、お菓子(デザート)の名前からとられています。”
地元福島がかなりの被害を受けていて、心が痛いです。
治水の件もそうだけど、町づくりはそもそもこういうところを見て、作っていかなければならないのだろうなと。
それには、地元の人のお話も細かくヒアリング必要かと。。

何はともあれ、この二つの台風、早く温帯低気圧になって消えてほしい…。
すでに大きな被害が出ている地域が多い中で、これ以上台風の上陸は避けてもらいたい。今後、どのような影響を及ぼすのか、週末に向けて続報を待ちたい。
温暖化の影響。海面温度が上昇し、蒸発して熱帯低気圧へ。これから季節問わず台風は増えるので、くれぐれも準備を。
今回も風より雨に警戒ですね。河川の氾濫で被害が出ているところは要注意です。このルートだと伝説のサーフィン・稲村クラシックが6年ぶりに開催されるかと思ったら、今年はもう開かれないことになっていた。