新着Pick
163Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジョンソン首相は、EUに二通の正反対の書簡を送った。ひとつは、離脱期限の延期を申請する書簡だが、これには署名がない。もうひとつは、延期なしに10月末に離脱するという書簡で、こちらは署名入りだ。
Benn Actに従って機械的に延期申請しただけで、ジョンソン首相は、引き続き31日までの離脱を目指す方針です。

そもそも、無理な日程で10/31を迎えようとしていたので、拙速を避けてもう一度考える時間を持とうというのが労働党、SNP、DUPが共有する空気だったわけで、そのため、合意なき離脱のリスクをなくすためという名目で、「離脱に必要な関連法が先に議決されるまで最終議決しない」というLetwin amendment(修正案)が僅差で可決された経緯にあります。ジョンソン首相としては、週明けにも、その「関連法」を提出し議決することで31日までの離脱を実現したい意向ですが、今回Letwin anendmentに賛成した議員の中には、再度の国民投票の実現を目指す議員を含め、ジョンソン首相の離脱案自体に反対の議員も多く、関連法が議決されるかどうかはかなり微妙。

一方、議会の外は、再度の国民投票を求める人など多数の市民で溢れ返っているが、投票結果に不満な人たちのために再投票を許すことは国民の分断を更に進めるとして政府に許容する雰囲気はない。メイ前首相もその1人で、ボリス・ジョンソン首相案に賛成しているように、conservative partyは比較的まとまっているため、もし来週関連法が否決されたら、総選挙になる可能性も否定できない。

同時にEUが更なる延期を認めるかどうかも、EU改革の先頭に立つマクロン 大統領などの存在で微妙。延期の条件として再度の国民投票か総選挙を求める可能性もある。

しかし、hard Brexitは誰も望んでいないので、英国もEUも最終局面では叡智を発揮してくれるものと思っています。

基本的には昨夜のコメント通りです。
https://newspicks.com/news/4315016/
もう何も決まらない、という最悪のパターンに陥りましたね。国民投票のやり直しも理屈に合わないし、かと言って反対ばっかりでソフトBREXITも困難、ハードBREXITはヤダ。

落とし所が全く見えず、このまま一生これをやり続けるんですかね。
驚くのは、ここまで英国内の世論と議会が混迷してしまったこと。もっと驚くのはEUが底なしの寛容さを示してきたこと。欧州共同体がこの混乱だから、「アジアの共同体」の創設など夢のまた夢だ。
世界三大「本当にいい加減にしてくれ」の一つ
  - 英国のBrexit混迷
  - トランプの妄動と妄言
  - 北朝鮮のミサイル

だんだん麻痺して怒りが込み上がらなくなってきている
マズイです。
ジョンソン首相の「形式的には法律=議会の延期要請決議を守り、実質的には合意なき離脱やむなし」の行動。
英国議会は、首相の明確な意図と異なることをしたいのであれば、
議会の解散か再度の国民投票を議決すべきなのだと思う。
議会が機能していない。EU側も「上記のどちらかを決めた場合のみ延期を受け入れる」のが筋論だと思う。

ジョンソン首相は、「離脱関連法案を至急作成して週明けにもそれを通す」ことを目指すだろう。
その法案が通った場合には、「周知期間」や「準備時間」のために、離脱の延期を今度は「まじめに」、
EU側に要請することはありえるかもしれない。
議会で、EU離脱期日要請が先に決議された時、ジョンソン首相は要請はしないと強く反発した…
→ここまで起きていました。

その後、結局は離脱期限の延期を申請する書簡をEUに提出したとのこと。
EU大統領は検討するとのことです。

なんというか、想像を絶する展開です…
離脱延期法に従ったとしても期限が来年の1月31日になるだけ、つまり3か月の時間を稼げるに過ぎない。その間に国民投票のやり直しor総選挙or関連法案の成立等々がスムーズに進むとはとても思えない(より事態は混沌とするかも)。そうなるとジョンソン首相が求心力の残る内に強硬離脱を図る可能性もあるのでは。
私は総選挙が必要だと思っています。もう一度国民投票をするのは国を分断してしまうのと、国民投票の意義が無くなってしまうので反対です。
しかし、総選挙で国民の声を聴いて膠着状況を打開することはできます。
首相に解散権がないのは問題ですね。