新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
その人にとって、幸せと思える生き方があって医者はその生活を確保するためのもの。
その人それぞれの生き方に向き合うことはとても大切ですね。

では、動物の幸せとはなんでしょうか?彼らの考えることは私たちには決してわかりません。
わかっているつもりにはならないようにしています。

末期のがんに侵されたペットの子の幸せはなんでしょう?

安落死して欲しい。最期まで治療して欲しい。痛みをなくして欲しい。
それは全て飼い主さんの希望です。

飼い主さんの中でも葛藤が生まれることは多いです。
『この子にとって何が1番良いんでしょう?』とよく聞かれます。

多くのペットを診療していて思うのは、多くの子たちが検査や治療を終えてお家に戻る時、本当に嬉しそうにしています。

だから彼らの幸せは、飼い主さんと一緒に過ごすことなんだろう。と想像しています。

想像に過ぎませんが、飼い主さんが一緒にいたい。という想いを支えてあげることが、ペットの子達にとっての幸せに繋がるのだろうと、そう私は信じています。
「健康」とは相対的であって、無傷快適な絶対的なものとは限らない時代に入った。だから、患者側も自分にとって何が「意味あること」なのか考えておく必要あり、医療者にも個別への対応力が必要となります。