新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当然のことですが、メリケンの色鉛筆の色名にはありませんねぇ、「肌色 」 ムスメ達にニホンゴで色を言う時も、気を使って来ましたが、補習校(土曜の日本語学校)で覚えてきちゃうんですよねぇ、ハダイロって言葉

「だから、保育園のお絵かきの時間では、なんの疑いもなく、いわゆる肌色で自分の似顔絵を描いた。」
素晴らしい記事。

「誰がなんと言おうと、私は私のまま美しいし、あなたもあなたのまま美しい。

そもそも地球が美しいんだから、人間も美しい。

美しさの基準を周りに合わせる必要はないし、自分の美しさを大事にしてください。」
この記事そのものは素晴らしいのですが。

アシュリーさんが幼少から今まで経験してきた、周りからの心無い言葉や振舞いを思うと…

ちょっと辛くなってしまいました。

日本は欧米の様な歴史的ヒエラルキーを含んだ差別ではなく、皆無意識のうちのものなのですが。

当事者の辛さは計り知れないだろうなぁ、と。
素敵な記事。昨今のラグビー日本代表の活躍を見て、日本人とはを考える人が増えたのでは。