(ブルームバーグ): ソフトバンクグループは策定中の米ウィーワークの支援計画で、同社の企業価値を80億ドル(約8700億円)未満と評価する可能性がある。事情を知る複数の関係者が明らかにした。

この評価額は1月時点の470億ドルを大幅に下回る。非公開の協議だとして匿名を条件に話した関係者によると、協議は流動的で、条件がこの先変わる可能性もある。

シェアオフィス事業を手掛けるウィーワークは新規株式公開(IPO)計画を撤回後、苦境に陥っている。来月にも資金が枯渇する可能性があり、筆頭株主ソフトバンクGからの支援策と、米銀JPモルガン・チェースのプランの両方を検討している。事情に詳しい一部関係者によると、ウィーワークの取締役会は早ければ今週末にも決定を下す可能性がある。

ウィーワークとソフトバンクGの担当者はそれぞれコメントを控えた。

原題:SoftBank Is Said to Eye WeWork Rescue Valuation Below $8 Billion(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:New York Gillian Tan gtan129@bloomberg.net;New York Sonali Basak sbasak7@bloomberg.net;New York Michelle Davis mdavis194@bloomberg.net;Bengaluru Saritha Rai srai33@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Craig Giammona cgiammona@bloomberg.net, Alan Goldstein

©2019 Bloomberg L.P.