新着Pick
328Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なぜ好きなのかを考える習慣。

「好きなコトを分解する」は、なぜ好きなのかを考え続けることだと思います。

簡単に見つからなくてもいい。満足しているとか、心が喜んでいるとか、なんとなく感じることが、仕事を楽しくしてくれますよ。

充実した人生を送るために大切なことですね。
「そんなに嫌じゃなく続けられること」って、実はその人にかなり合っていることだと思います。本当に合わないことは全然続けられないですから。

続けられそうなこと・何となくても続けていることの中に、記事で言及されている「好きなコト」の要素を見出そうとするアプローチがいいなぁと思います。そうやって日々積み重ねたものが結果として天職になっていくんじゃないかなぁと。
やりたい事は仕事にできる思います。

ただし、それが仕事になった時には
また違う景色になっているので、
それをやり続ける事が大事ですね。
これが一番難しいし、楽しい所だと思います。
弊社のPRを担当してくれている寺口のBusiness Insiderへの寄稿記事です。この記事の中での答えは以下のように書いてくれています。

>「好き」をそのまま仕事にすることは難しいかもしれないけど、「好きなモノ」と「好きなコト」に分けて考えてみるとすると自分の可能性が見えてくる。
>「好きなコト」をさらに要素分解すると、その一部だけでも仕事に組み込める可能性は高まる。
学生の時までは "自分中心の自分" なわけです。
社会人になってもまだそれが抜けきらない人が多く、社会が求める "社会に貢献できる自分" になれない人を多く見かけます。

好きなコト、好きなモノ、好きなヒト、それらが "社会に貢献できる自分" と一致していれば継続的に食えるだけの経済力と好きなことができているという満足度と、社会貢献できているという肯定感が生まれて働き続けられます。

自分だけの視点で見ていては見誤りますよ。社会との相関性です。
同意。

僕がいつも学生にいっている言葉もほぼ同じです。

○○に携わりたい→止めた方が良い
仕事ってしんどいことが沢山ある。上司からボコボコに怒られたり、お客様から怒られたり。そんな時にも「○○に携わっているから幸せ」と思えるか。むしろ○○のことを嫌いになったりしないか。

○○をやりたい
何でも良いですが、例にあるジャニーズでいえば、
ジャニーズファンを増やしたい
ジャニーズファンをもっと幸せにしたい
ジャニーズにもっと輝いてほしい
まあ色々あると思います。こういう動機でやっていると、仕事がその目的に向かう。たとえば上司から怒られた時は、(最終的には)自分がジャニーズを幸せにするための仕事ぶりとしてイマイチだったとかそういうことなので、もっと頑張らなきゃと奮起できる。

私はよく「何に携わりたいか」ではなく、「どんな問題解決をしたいか」「どうやって世の中に貢献したいのか」と問いかけています。あとはドラッカーの「何を以て憶えられたいか」。

仕事は趣味ではなくて何かの問題解決です。それが趣味になる人はいますが、最初から趣味的な考えで仕事につくと、辛いです。
ホントにありがたいことだと思っています 周りの方々と神さまに感謝
消費側の好き、と、生産側の好き、では違うのとても納得!
朋友の書いた記事。僕は彼の真っ直ぐさが好きだ。