新着Pick
株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(英語: JAC Recruitment Co., Ltd.)は外資、海外転職に特に強みをもった総合転職エージェント(人材紹介会社)である。 ウィキペディア
時価総額
843 億円

業績

関連記事一覧
転職で重視される「即戦力」としての能力とは?人材紹介のプロが伝授
Diamond Online
216Picks

世界No.1の人材紹介企業を目指すJACの2019年
PR Table
24Picks

転職活動でやってしまいがちな3つの失敗、人材紹介のプロが警告 - ニュース3面鏡
Diamond Online
5Picks

増えている人材紹介業の起業。どんな許可が必要?
LIMO
2Picks

「ミッションを忘れないでほしい。エージェントの価値とは何か?」森本千賀子(株式会社morich)〜人材紹介立ち上げノウハウセミナー後編 - 人材紹介ビジネス応援ブログ
人材紹介ビジネス応援ブログ
2Picks

人材紹介の社員に最大50万円の報奨金 札幌・エコミック 採用コスト抑制
北海道新聞 どうしんウェブ
2Picks

「何ができるか以上に、本当に何をやりたいか」森本千賀子(株式会社morich)〜人材紹介立ち上げノウハウセミナー前編 - 人材紹介ビジネス応援ブログ
人材紹介ビジネス応援ブログ
2Picks

kenji Sahara on LinkedIn: "想定年収×35% われわれ人材紹介会社(登録型)が成功報酬として採用企業から受け取る紹介手数料額です。 高いのか、安いのか、議論は分かれるところですが、人材獲得競争が熾烈な昨今では経営やITの高度なスキルを有する人材を募集する際や、事業の中核を担う「重要かつ緊急」な人材募集の場面では、例外的に「45%」や「50%」という条件で求人申込を受注することもあります。 一方、我々が事業展開を行なう海外諸国において、35%が“相場”である国はありません。先進国であれ新興国であれ、手数料率は概ね20〜25%が相場です。(※幹部級の人材であれば30%というように、採用する人材の年収帯によって累進的に手数料率が高くなることが慣例となっている国も多いようです) では何故、日本が世界的に見て飛び抜けて人材紹介の手数料率が高いのか、それは、労働市場の流動性(の低さ)と強く関わっています。転職が一般化し、“35歳転職限界説”すら過去の話となった今でも、日本人の転職回数が欧米やアジア新興国などに比べて少ないことは様々なデータが表しており、それは即ちわれわれ人材会社にとって(優秀な)登録人材獲得がより困難であることを表します。 しかし今後、日本の労働市場の流動化は間違いなく加速していきます。 先日トヨタ自動車の豊田章雄社長による「今後終身雇用は続けられない」旨の発言が注目を集めましたが、それ以外にも、テクノロジーの進化やグローバル化は、即戦力としての外部人材の活用を一層促すだけでなく、企業や事業のライフサイクルを短縮化します。また個人を取り巻く環境も次々と変えていくため、「自分にとってのベストな職場」は時期によって今まで以上に変化するでしょう。定年延長によって働く期間が伸びることも合わせると、一人が一生のうちに転職する回数が増えることはあっても減ることはないと言えます。 このように労働市場の流動化が進めば、海外諸国同様、人材紹介の手数料率相場が下がっていくことが合理的に予測されます。そして、手数料率が35%から30%へと5%下がるだけで、人材紹介会社の売上は(5%ではなく)おおよそ15%低下し、その売上低下額は即ち営業利益の低下額となるのです。(原価である人件費やオフィス賃料等は変わらない) HR-Techやダイレクトリクルーティングの一般化によって企業の人材募集手段が多様化する中、人材紹介会社は「35%」に相応しいサービス(付加価値)とは何かを真剣に議論すべき時期にあると言えます。"
www.linkedin.com
1Pick

東京で働く「こだわり」を手放すことで幸福度が上がる可能性〜地方移住専門人材紹介会社「YOUTURN」が調査〜
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
1Pick

国内最大級の人材紹介会社管理サービス「クラウドエージェント」が求人企業導入実績6,000社を突破!
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
1Pick