新着Pick
241Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
貿易が世界を豊かにするのは、それぞれの国が相対的に有利な分野に特化して分業を進めることで、全体として生産効率が上がるから。反グローバル化の嵐が起きたのは、グローバル化で所得が増えたのが、グローバル化を進めた先進国の“エリート”と、それに乗って先進国のマジョリティーから仕事を奪った新興国の“中産階級”はかりに偏って、先進国のマジョリティーが却って貧しくなったから。
そういう構図で見ると、米国が中国やメキシコを抑え込もうとするのは分からないでもありません。無理を承知で言えば、そういった国々と米国経済を切り離して米国内に生産を戻せば、豊かな天然資源と市場を持つ米国の中間層に富が回って、米国の人心が安定する可能性がありますから。
でも、共に豊かなEUと米国経済を切り離しても、分業のメリットが消えるだけで、お互い得になることは無さそうです。米国の貿易赤字が大きいのは米国の過剰消費が根本原因で、EUのせいとは言えません。なんだかなぁ・・・ (・.・;)
>トランプ大統領は、貿易赤字を削減するため、ドイツなどから輸入される自動車についても「アメリカを長年苦しめてきた」と述べ、高い関税を課すことを検討しています

これは純粋に米国車が性能等で劣っているためでしょう。
米国自動車メーカーの努力不足です。

日本でも、ベンツやビーエム、ワーゲンがたくさん走っていますが、アメ車は滅多に見かけません。
中東と中国での争いが激しくなってきてる中でEUにまで喧嘩を売る意味がわからない。民主主義国家同士、協力していくべきなのに。多分トランプの欧州エスタブリッシュに対する劣等感とかしょうもない理由に感じるな…
EUに関しては「マイナス金利で経常黒字が世界最大で緊縮主義」という貿易交渉をする上では気まずい材料が満載なので日米や米中の貿易交渉とは違った視点で評価する姿勢が必要だと思います。
そらそうでしょうね。

EUの自動車輸出入は不均衡ですもの。

至極正しいと思います。
アメリカは、EUから輸入されるワインやチーズなどに「最大で25%」の関税を上乗せする措置を、日本時間の午後1時すぎに発動したとのこと。