新着Pick
1711Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
正直当たり前のことしか書いてません。他の本に書いてないような特別なことを書いてないことを批判してるバカコメントがありましたが、当たり前の事ができない人が多すぎるのでこんな本を出してます。しつこく言い続けて社会を少しでも良くしようと思ってます。ちなみにこの本HIUメンバーがほとんど構成しています。HIU内で形作られたプレゼンメソッドなのです。
記事中から「3つのダメダメ」を引用。冷静にみてください。

ダメダメプレゼン1:意味のない話をする「時間泥棒」
ダメダメプレゼン2:要領を得ない「つかみ」と「締め」
ダメダメプレゼン3:原稿をひたすら読み上げる

一般的なこと、かつ良く言われていることですが、みなさん、堀江さんが言われると「なるほど、すごい」となるのが、このコミュニティーの特徴でしょうか。

プレゼンを含む、「伝え方」に関しての良書として、私は個人的には、伊藤羊一さんの「1分で話せ」を強くおすすめします。

http://work-switch.persol-pt.co.jp/itouyouichi/

価値観の違いなので、堀江さんのファンの方に、あれこれ申し上げる意図はありませんので、叩かないようお願いします。
「TIME IS LIFE」というのはこれから大切にしないといけない考え方のように感じる。
3分で言いたいことを的確に伝える…
これは、一番大切ですね。

この記事を読み切るのには、確実に3分以上かかります。
あと2回記事があるみたいだし…
それはどう理解すればいいのでしょうか?
よくある「エレベーターピッチ」、結局これができるくらい研ぎ澄まされたプレゼンができるようになると、ホリエモンに聞いてもらえるってことですね。
記事の中にもある通り、プレゼンは相手次第です。堀江さんが嫌いなプレゼンを望む、日本の頭の固い経営者が多いことも意識しておきたい。生物なので、反応を見ながらその辺りは臨機応変にやりたい。
これは同意。ライブ、DJと同じ。
堀江さんは直球命。