新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
第2四半期に他社比弱かった債券トーディングが、今回は21%増と強かったのが目玉。JPモルガンもこれに支えられた決算でしま。
しかし、金融機関のトレーディング収益はブレやすく、いわば水物。これで企業価値 (株価) が大きく上昇するというのは少し行き過ぎな気もします。
大槻さんが言及されている通り、ブレが大きい債券部門の収益ありき。まさに世界中で債券バブルのような国債高も続いていますよね‥この流れで邦銀の債券運用部門も好調かとの思惑でメガバンク三行も株価が高いのが続きそう。しかし、商業銀行部門をもつjpモルガンが、商業銀行部門が低迷しているのをみると、ながーい目線で商業銀行株を買いたい気持ちにはなりにくそうですよね。z
債権トレーディングはともかく、M&Aは特定の案件がパブったという話みたいです。
ボラティリティが高い資産にポジション張って稼ぐ、というのが収益の柱になってしまっているのは、金利収入の減少と規制対応費用の増加が遠因です。

銀行証券は今がヤマ場。ここを乗り切る体力が求められているということだと思います。
モルガン・スタンレー(MS.N)が17日発表した第3・四半期決算は利益が予想を上回り、一時、3.7%高に

業績