新着Pick
259Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
欧州にはSwish(スウェーデン)やMobilePay(デンマーク)、Banccontact(ベルギー)、Bluecode(ドイツ・オーストリア)、SIBS(ポルトガル)などのモバイル決済があります。これに加え、VIPPS(ノルウェー)やTWINT(スイス)などのモバイル決済が連合し、非接触決済ネットワークを構築しようという動きがあります。

その際、アンドロイド端末は問題ないのですが、iOS端末を使えないという不便が残る。そういう動きもあって、今回の独禁法違反調査になったのではないでしょうか。

ここにメスが入ると、多様な決済がiOS端末で使えるようになります。
これは明らかな独禁法違反。取締りは正しい。巨大プラットフォーマーの独占には国家レベルでの規制は不可欠な時代へ

EUにて特に批判を集めているのは、iPhone内蔵のNFCチップにおいて、中核となる支払い機能をApple Pay以外には開放しない点です。
iPhone内蔵のNFCチップにおいて、中核となる支払い機能をApple Pay以外には開放しないの事実だし、どう見ても独禁法に関わる事案かと。

ただし、規制当局は揉め事で解決というよりは話し合いで早期NFCチップ解放を目指そうとしているのでは?
昔々、Windows のパソコンで、他社の検索エンジンが不利に扱われているとして、大きな問題になりましたね。

確かに、iphoneは、Apple Payに導線が極めてフレンドリーですから。
でも、なんとなく米国とEUの貿易戦争の余波のように感じます…
EUはついにApple Payも独禁法違反で調査を行うかもしれないとのこと。記事を読む限りでは日本でも使用されているエクスプレスカードの設定が問題のようだ。
古い経済圏での規制は、もうやめましょう。
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
297 兆円

業績