新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国は「結婚は生殖のための制度で男女に限定されており、同性婚は想定されていない」と。時代錯誤かつ実態に伴っていない主張に怒りを覚えます。さらに文献をつまみ食いして論理をつくるあたり苦し紛れです。

そもそも男女でも子どもを持たないカップルはいますし、高齢結婚や不妊など持ちたくても持てない人もいます。結婚が生殖のための制度だとする国の主張は、結局去年の「生産性」寄稿問題と通底しているのでは。

でも少子化対策は本気でやる気がなく、ただ「伝統的な家族観」を守りたいという感情だけ。そして2019年の出生数が90万人割れ。婚外子の割合も低い。夫婦別姓も同性婚も反対。LGBTばかりになると国がつぶれるという議員の発言もありましたが、つぶすのはどちらでしょうか。

裁判所は特に多数決で決まってしまう問題に対抗する人権の砦、積極的に判断してほしいです。
ふむ…。でも逆に言えば、憲法を変えろとか面倒なことをするより、従来の婚姻制度とは別のパートナー制度として同程度の権利を認めさせた方がよくない?結婚という形にこだわる必要もなくない?