新着Pick

村田製、アップル以外にもメトロサークの供給開始-社長

Bloomberg.com
村田製作所の村田恒夫会長兼社長は、高機能スマートフォンに使われる樹脂多層基板メトロサークについて、2019年から米アップル以外にも供給先を広げたことを明らかにした。
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メトロサークは樹脂多層基盤で村田製作所がこのところ量産化に注力している事業の一つで、高周波特性に優れ、多層を一括プレス加工でき、かつ薄く、折り曲げ可能という特性があるとのことです。アップル向けが主体だったようですが、この記事ではそのユーザーが増えてきたことが述べられています。複数購買が原則のアップル一社ではどうしても事業の将来性は限られるので、顧客・用途拡大は必須であり、村田としては望んできた展開に持ち込みつつあるということのようですね。
既報だが、競合は台湾のCareer Technologies。

村田製作所のメトロサークは複合多層基板の商標名だが、iPhone Xからアンテナ基板として採用されている。
LCPを使った多層基板で10層以上の多層基板なのに一括圧着でプロセスを減らし、尚且つ薄さも実現したという基板。他のFPCメーカーの追随を許さない製造プロセスの難しさと評判。原材料となるLCPフィルムメーカーであるプライマテックを買収したことにより一気通貫で材料から加工まで手掛けられる。LCPフィルムは他にクラレや住友化学が供給するが、一時期は供給不足が発生したりもしていたことから、LCPフィルムを使う基板ではなく、低誘電ポリイミドフィルムを使った多層基板を提案するメーカーも出てきた。

高周波を伝送する5G時代には低誘電、低誘電正接の、つまり伝送ロスの少ない基板はアンテナなどの高周波接続・低伝送ロスが求められる部品では必要不可欠な技術といえる。iPhone以外でも採用が進むのは納得の展開だが、それだけ生産キャパシティが落ち着いてきたということでもあるのだろう。

それにしてもNPのスマホ版だと過去記事との連携が無いから面倒ね。

プライマテック買収時のpick
https://newspicks.com/news/1869881/

2017年の記事
https://newspicks.com/news/2676841/
施実売上が1000億円を既に超えたという報道(①)もあった村田のメトロサーク。
今までApple以外に供給していなかったのか…2017年のiPhone Xから採用されたが、採用初期に他社で歩留まり問題があってそれを引き受けたが、それが要因で歩留まりが下がった(②)。そこでAppleから信頼を得ること含めてApple向けに優先していた(③)。そして一定落ち着いてキャパ増なども進めて、先日の売上記事とこの他社にも供給という形になったように、報道などを総合すると見える。
https://newspicks.com/news/4292516
https://newspicks.com/news/2597280
https://newspicks.com/news/2705307
株式会社村田製作所(むらたせいさくしょ、英語: Murata Manufacturing Co., Ltd.)は、京都府長岡京市に本社を置く電子部品の製造ならびに販売をおこなう企業である。TOPIXcore30の一社に選ばれている。電子部品専業メーカーとして世界トップクラスに位置している。 ウィキペディア
時価総額
5.84 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
240 兆円

業績