新着Pick
142Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自動車産業の特徴は、部品点数の多さと、そのサプライチェーンの裾野の広さです。

それは、まるで富士山の裾野のごとく広大です。

今回の災害で、そういったサプライチェーンの一部が被災したことにより、最終製品メーカーの生産に影響がでたのですが、この記事の本当の読み方は、こんな感じです。

今後、自動車業界が100年に一度の大きな変革によりディスラプトされた場合には、日本の自動車産業の業界構造から考えると、日本経済にとっては、半導体や家電の時とは規模が異なる甚大な影響があるということです。

そういった認識を持ち、我々自動車業界関係者は、日々、ディスラプションの波と向き合い、波のまれるのではなく、波に乗れるよう頑張っています。

※個人的見解であり、所属する組織、企業とは全く関係ありません。
サプライチェーンへの影響がじわり表面化しつつある。長期化しなければいいが…。少し前の調査レポートですが、下記ご参考まで。

【参考】「SUBARU」グループの下請企業実態調査
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p171007.html
SUBARUグループ下請先は8776社 ~ 県別では、群馬県が3位 ~
メディアでは秋山川の氾濫で佐野市が注目されてますが、私の地元であしかがフラワーパークが有名な足利市や、その隣の群馬県太田市も大変な被害を受けています。
プレス部品となると、零細企業から大企業まであるので、企業体力が少ない零細・中小企業となると経営危機にもなると思います。

数台のプレス機だけで経営している企業からすると、浸水して設備故障もあれば、動いても精度がでない可能性が高いと思います。

組立メーカーの視点だと部品欠品ですが、納品メーカーの視点だと売上ゼロということになります。

短期復旧、運転資金確保、信頼確保など、経営者の力量が問われる思います。

完成車メーカーの協力なども含め、頑張って欲しいですね!
プレス部品という観点では、最上流の素材ではなく加工。もちろん加工ノウハウとかはあるし、金型が水没していないかなどは気になるが、相対的には代替復旧しやすい領域だと思う。
今回の台風で改めて思いましたが、気候変動というメガトレンドが、さらに企業経営においては、大きな影響を与えていきそうです。10年〜20年のスパンで多くの気候変動関連のビジネスや企業の取り組みが生まれるでしょう。

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)による企業の気候変動関連の情報開示は、SDGs並みに流行っていく可能性は充分にあります。
似たような工場はたくさんあるはず。他社はどうなのでしょうか。

中越沖地震のリケンで注目されて以降、災害時のサプライチェーンマネジメントはいろいろ考えられていたと思います。ただし予算には限度があるので、どこまで対応するのか見極めは難しいところかと思います。
株式会社SUBARU(スバル、英語: Subaru Corporation)は、日本の自動車などを製造する重工業の会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.17 兆円

業績