新着Pick
473Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
時代の流れにもあう、素晴らしい取り組みだと思いました。海外進出、ぜひぜひ! アメリカでもきっと高い評価を得ると思います。
これは凄い!とても良い取り組みだと思います。
公式HPを見たところ、各カラーのネーミングセンスもユニークで惹かれました。

・ドリップコーヒー(国内コーヒーショップのドリップ後のコーヒー)
・サクラ(見頃を終えて散った桜の花びら)
・ブルーマロウ(「生活の木」で取り扱っているハーブのマロウブルーの規格外品)

技術や大量生産の難しさなどの問題もあると思いますが、他の色もついつい期待してしまいます。
これから先のメガトレンドを考えると、必ずサスティナビリティに関わる事業に繋がる。自分達の活動が誰かにとってプラスだけど、どこかでマイナスを生み出していると駄目。ただ、決して今までやってきた事が無駄という訳ではなく、そのノウハウをブラッシュアップしていけば、誰にとってもプラスになるノウハウが創られる。それは、CSVに必ず紐付く。
"誰にとってもプラス"は、この記事の事業取り組みにも当てはまっていると思う。
思考は良いと思うけど、廃棄物の回収、処理、製造、販売のトータルの流れで考えるとどうなんだろ?ココでより多くのエネルギーを使っていたりCO2排出量が増えてたりしたら元も子もない。それならば今まで通り廃棄してそのエネルギーをもっと違う形で使った方が有効だと思うけど。。。
変化を起こすのは、国家や大企業といった
巨大組織ではない。

全ての人が、出来る事を一つ一つやる事の
パワーに勝る物は無い。
社会課題から企画発想できる人が、これから市場を動かす。

フードロス×アパレルテキスタイルの組み合わせは、バリューチェーンに組み込みやすそう。
今回の染める染料はもちろん、糸や生地もどんどん循環型でエコなものづくりにしていきたい。
こういった食品ロス、廃棄ロス問題の解決策が増えていくのは非常に良い事だと思う。

染料として活用するプランとしては、他にも応用の可能性が大きいと思いました。
役に立つ物は飽和状態になり、意味のある物の需要が高くなる傾向がある。そこで大事になるブランド力を作るには、こういったストーリーが大切になってくはなぁって感じる。
尾州最大の企業「豊島」のSDGs文脈の一手。面白いですね!