新着Pick
483Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Googleがデバイスで「攻め」に入ってきましたねー。

Googleのブランド力を生かして、アンドロイド端末愛好者を取り込もうという戦略でしょうか?

煽りを食うのは、中国や韓国のスマホメーカー?
Airpodとかなり似てきましたね。AmazonもEcho budsというboseのノイズキャンセルで半値近い約1万円で出してきます。

各社狙ってるのは、常時、音声認識の人工知能を使える状態で囲い込みたいというところでしょう。
人間の五感のうち、まず視覚であるスクリーンをスマホ(おそらく将来的にはARメガネ)でおさえて、次は聴覚の耳。ウェアラブルも含めてまだまだ抑える点はでてきそうですね。

同時翻訳は有線のGoogle Pixel budsを昔使ってみて、あまり使う機会がはなかったので、商用とかに今のとごろ特化するのではないでしょうか。
これは買い!翻訳機能試してみたいな
アップルのAirPodsは良いのですが、耳からマカロニが垂れているように見えるのが嫌でした。
グーグルのPixel Budsのつけた感じはどうなのでしょうね。
使い勝手や音質だけでなく見た目も気になります。
ヒアラブルデバイスのバブル期ですね。ARというと映像系ばかりが注目されますが、音声ARが着実に実現化されています。技術的難易度も音声ARの方が遥かに低いので、ここを各社どう獲っていくか。
リアルタイム翻訳!
各社の音声サービスが色々と使えるようになってきていて、いい感じでドラえもんの道具化が進んでいて楽しい
試してみたい
既に持っている人はまだ使えないそうです。Google によってソフトウェア的に停止されています。今は音楽も聞けません。

もちろん、公開日に使えるようになりますが、ハードウェアの存在意義をソフトウェアで遠隔的に操作するトレンドは恐ろしい。
旅行関連のサービスでこちらのワイヤレスイヤホンがリアルタイム翻訳を動機付けにレンタルされる機会が増えるかも期待したいです。
完全ワイヤレスイヤホンは、接続安定性が命ですから、それが高ければ、選択肢に入るかもしれませんね。もし低ければ、到達距離もリアルタイム翻訳もおまけでしかないので、売れないでしょう。デザインは、ちょっと高級感不足ですね。続報待ちたいです。
Googleのイベントで、完全ワイヤレスイヤホンとしてPixel Budsが新登場しました。