新着Pick
246Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本来のリストラクチャリングは、 人を減らすことではない。 事業計画を見直し最適な組織体制を整えることで、その結果人員の配置が変わったり部署の再編が起こる。

中期事業計画の再検討の結果、当初の人員削減案を変更したとすると、全体の事業計画も変更になっているはず。 社員への丁寧な説明を期待する。
あまり聞かないですよね。どういう文脈で計画がなされ、社内コミュニケーションされたのかわかりませんが、「希望退職」と言えども「雇用」に関わる施策。それはそれは慎重に協議されてのことだったとは思います。

何か予期せぬことが起きたのでしょうか。
他社のリストラ見て希望退職を募るのをやめるって、どういう判断なんだろう。。経営判断を何を軸に決めてるのかわからず、社員からしたら怖すぎると思う。
こういう、迷走する経営者のもとでは将来的な不安しかない。
これを奇貨として他の船に飛び移るのも、大切な選択肢である。
会社は、貴方を守らない。
レナウンさんにとって、既に何回目のリストラなのでしょうか。失礼な話ですが、もう組織とブランドも形しか残っていないようなもの。それでもまだ存在している理由はなんなのでしょうか?

ひとがいるから残すとかそう言う話でもない気がします。

なんとなく生き残れること自体が問題な気がしてきますね。
環境によって企業の戦略は変わるので良いと思います。
変える勇気と実行力が大事ですね。
「リストラ」という従業員の所属企業に対するロイヤリティが最も損なわれる手法を用いる場合は慎重にあるべきだと思うが、近年では本来、事業の構造再構築が、単なる人員削減として安易に行われる傾向があるように感じる。

事業環境の変化や従業員の意見などをしっかりと検討した結果であるはずのリストラが、周辺環境が変わり、構造改革の前提が崩れ、中長期計画の見直しに至ったから中止。というのは、従業員はもちろん、社会的にもマイナスイメージであることは間違いないだろう。
今回のリストラ撤回が、どのようになっていくのか見守りたいと思う。
リストラ中止。たしかにあまり聞いたことがない。
株式会社レナウン(Renown Incorporated)は、東京都江東区に本社を置くアパレル企業である。中国の繊維会社大手、山東如意グループ(山東省)の連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
114 億円

業績