新着Pick

就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」

東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中東の航空会社のスピードは驚かされる。記事にもあるように経営陣を外部から呼んだり、ただ金だけではここまでいかない。ファーストのシャワーはいいアイディアだと思う。運航時間の柔軟性重視ならプライベートジェットが優れるが、全ての金持ちが急ぐわけではない。大きい機体でしかできないことやるのは戦略的に正しいと思う。唸るほどお金持ってる人は、中東なら一定いる、ロンドンとかで一杯見かけるし、そこの路線に就航させるのは合理的。
JALのランクが25位ってのは結構ショックかも。嗚呼、ナショナルフラッグ…
どこのエアラインであろうが大きな問題ではない。物流で、どこの海運会社であるか問題にしないのと同じに直になります。
出張が多く、欧米アジアのフラッグシップは全て知っているが、JAL.,ANAのおもてなしは断トツ。エティハドのハードはすごそうだが、ソフトはどうだろう。機会あれば乗ってみたい。
日本は一億総中流社会だったからか、めっちゃ金もってる人に対するビジネスは得意じゃないよね。
その辺中東はうまい。
時価総額
6,278 億円

業績

中部国際空港株式会社(ちゅうぶこくさいくうこう、英語: CENTRAL JAPAN INTERNATIONAL AIRPORT COMPANY, LIMITED、CJIAC)は、1998年5月1日に商法上の株式会社として国土交通大臣・愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市と民間企業などの出資により中部国際空港の設置および管理を目的として設立された会社である。主に中部国際空港の運営や管理を行う。 ウィキペディア