新着Pick
272Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大変な被害。亡くなられた方々のご冥福を祈りつつ、残された我々は冷徹に災害に対するPDCAを回していかなくてはならない。残念ながら、これだけの大規模災害に対する備えを、人が住んでいる地域すべてに張り巡らせるだけの社会維持コストをこの国が張り続けるのは不可能である。私の故郷は東北の震災で、大半がやられ、その結果、コンパクトシティに人々が集った。コンパクトシティは見る人が見れば、無味乾燥に見えるかもしれないが、とは言え、今の私の故郷の自治体の総合力では、すべてのエリアを災害から守ることは出来ないだろう。大型台風はまたすぐに来る。
個人的に台風19号の振り返りをしていましたが、やはり狩野川台風とよく似た特徴を持つな、と感じていました。南の海で台風として強く発達しており、衛星画像がない時代に、偵察機U-2で撮影された台風の目は今でも気象の教科書に載っています。台風19号も史上最強などとスポーツ新聞にあおられるほどでしたが、似たようなものでした。

違う点は、狩野川台風では前線は関東地方の上空にあり、大雨は東京都心部から伊豆半島に集中しましたが、今回は前線が福島県から新潟県あたりにまで北上していたため、大雨も東北南部から関東北部、信越地方と広い範囲に及ぶことになりました。箱根で1000mmを超える雨になったことも話題となっていますが、狩野川台風の当時には箱根に観測点はなく、単に観測網が整備されたことで、より局地的な大雨が把握できるようになってきただけという面もあるものと思われます。

今後は、狩野川台風と今回の19号で、何が似ていたのか、何が違うのか、ということを気象学的に分析し、また水文学としてどのような水害を想定すべきか、対策はどうとるべきか、ということを学問的に確認していくことになろうかと思います。

気象庁は19号について台風としての命名をする方針であることを発表しました。
https://newspicks.com/news/4303373
来年にかけて名前を考えていくことになります。上陸した地点や、被害の大きかった場所の地名を考慮して決定することになりますが、被害が広い範囲に及んでおり命名にはそれなりに悩むことになりそうです。
ここに記載されているだけでも非常に大きな数字ですが、中央まで報告が届いていないケース、停電で生命維持装置が止まったというような間接的な被害で亡くなられたケースなど、この数字には含まれない多くの犠牲者が背後にあるはずで、それは医療現場にいると、様々な形で聞こえてきてしまいます。

統計を取っている以上、数字で動きが決まってしまっているのだとしたら、数字以上に被害を出していることを想定し、数字以上の対策を練らなければいけないと思います。
台風は過ぎ去ると晴れ間が広がるために誤解されやすいのですが、この災害は「現在進行系」です。発災から72時間を超えると、生存率は急激に低くなります。まだ救助を求めている方はおられ、その救命に全力を尽くしている方々がいます。
知り合いでもない個人が物資を送るのは現地に負担を与え、また外部者がボランティアに行く段階でもありません。余裕があれば、被災した皆様にむけて寄付を検討頂ければと思います。
状況が見えてくるにつれて、被害の大きさと広さを痛感させらます。甚大な災害であることを国全体が意識できる報道や政府のアナウンスが重要だと思います。そうしないと、復興への動きが遅くなり、支援規模も小さくなる危惧を持っています。
ほんとに悲しい数字。お亡くなりになれた方々には心よりご冥福をお祈りいたします。そして、救出などにご尽力されている方々には頭が下がります。
今も助けを待っていらっしゃる方々がいます。
どうぞ声が届きますように。
【浸水地域で泥の上に「水 食料」の文字 宮城 丸森町】
https://newspicks.com/news/4301654
大きな被害が出てしまいました。温暖化による海水の温度が高くなりこれからも強力な台風が日本にやって来る覚悟が必要です。想定外の被害に備えて治水事業に積極的に投資が必要です。また環境問題や温暖化対策に国民全体で運動を起こすことも必要です。被災者の苦しみを少しでも和らげるための有効的な方策を国、地方自治体、私企業 、NGOなどが一体になって推進する事が大切です。保険会社にも社会的貢献の責任があります。今行動を起こさないと日本がますます衰退してしまいます。
犠牲になった方の数がどんどん増えている…ご冥福をお祈りいたします。
と同時に、台風の巨大化、強大化は地球温暖化の影響も大きく、海面温度上昇により、台風が勢力を弱めないことに起因しています。今後「過去最大級」というのは頻繁に更新される可能性があり、改めて住んでいるところにどんな災害リスクが潜んでいるのか、少なくともハザードマップなどはしっかり見て対策を講じておいた方が良いでしょうね。タワマンのリスクなんかも明らかになりましたし。
冷酷なようだけどある程度の被害のあった市町村の人口当たりの被害者として見れば巨大台風に対して健闘したと言っていいのではないだろうか。私はこの先の人口動態を必ずしも少子高齢化とは捉えてなくて偏りがなだらかになっていく過程だと思ってますが過密化のせいでバラバラに年が発展してしまったところをコンパクトシティ化していく中では防災に見切りをつけざるを得ない土地も出てくることかと思います。
隅田川のカミソリ堤防には、歴代の台風時の水位が描かれているけど、今回の水位はキティ台風にも満たなかった。

この程度でこれだけの被害が出ているので、伊勢湾台風規模のものだったならかなり大変だったかも