新着Pick
240Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついこの前は神のごとく崇拝されていたかと思えば、今日は悪魔のごとく嫌われる。世の評価とはあてにならないものですね。

ためしに2年前のNPの特集記事とピッカーコメントを見てみましょう。
https://newspicks.com/news/2281915/

WeWorkのビジネスモデルに冷静に疑問を投げかけていたのは占部さんくらいです。

結局、社会的事象においては、「専門家」と呼ばれる人たちの未来予測も、今見えている事実の線型外挿でしかないケースがほとんどなのですね。自然と異なり絶対的な法則がない政治、経済やビジネスにおいては、専門家の未来予測は、耳を傾けるべきではありましょうが、信じすぎないほうがよさそうです。だから僕は、個人資産運用は、専門家(トレーダー)の「予想」に委ねるよりもインデックスファンドが一番だと思うのです。

ちなみに、自然科学においては、時間発展する法則を現在の状態を初期条件に時間積分することで根拠ある未来予測ができます。100年先の日食も正確に予想できますし、予想が2年で変わることもありませんよね。しかるにむしろ自然科学についての方が専門家の予測を信じない人が多いのは不思議です。地球温暖化を信じない人、代替医療を信じちゃう人などです。科学リレラシー後進国のアメリカでは地球が丸いことを信じてない人すらいます。どのような人間心理が裏にあるのか気になります。

ちなみによく混同されますが、技術は科学とは別物で、経済と同じくらい未来予測が困難です。かつ、技術の進歩は経済や政治に大いに左右され、経済や政治も技術革新に影響を受けます。不確定性の増幅装置みたいなもんです。ですから僕みたいな技術者の未来予測も信じすぎない方がいいですよ。
WeWorkが本格的におかしくなってきたのは、ソフトバンクから一桁上のファイナンスを得た2017年以降ではないかと思っているのですが、違いますか?

最初の頃は普通のベンチャーらしくケチケチやっていたし、日本を含む全世界大拡張が始まる前、私が自分の使うコワーキングを探していた頃には、サンフランシスコのちょっと危ない地区の古くて汚いビルをうまくレトロモダンに改装、狭いがチープシックなサービス、というふうに見え、一生懸命やってるベンチャーなのだな、という印象でした。その後できた新しいオフィスは、急に、豪華な高層ビルに広くて豪華な内装、無料ビールなど贅沢な感じになっていて、「え?」と思ったものです。

なので、2017年時点でのピッカーの評価を責めるのは酷だと思います。WeWork自身が、過剰なおカネに酔って、変わってしまったのだと思います。
色んな思惑がうごめきリーク合戦w 最終局面にきてる。さてどうなるか。最終的にSBGしか手を上げないと思うな。リスクが高すぎる

ウィーワークは経営権をソフトバンクグループに握られることにつながる救済策よりも、JPモルガン・チェース主導で進められている約50億ドルの資金調達パッケージが望ましいと考えている。協議中のパッケージの構造や条件は投資家の関心次第で変わり得るという。
> 「ブルームバーグの報道を受け、ウィーワークの6億6900万ドル相当の既発債(表面利率7.875%、2025年償還)の価格は米東部時間15日朝に急落、過去最大の下げを演じた。債券価格システムのトレースによれば、同社債は一時、額面1ドルに対して79セントと過去最低を付けた。」

→ (BBGでちゃんと計算していませんけれど)既発債はあと5-6年での償還なので、だいたいYTMの利回り13-14%エリアです。15%の無担保新発債と近いレベルです。発行体格付けはFitchでCCC+/Negative。

> 「関係者によると、同パッケージに含まれる無担保債には、魅力をさらに高めるためウィーワークの評価額が200億ドルに達した場合、リターンを30%程度に押し上げ得る新株引受権を付ける可能性がある。」

→ エクイティキッカーも入る可能性。ギリギリのディストレスト感。
チャプター11を選択肢に入れないとソフトバンクGは足元見られてカモられるだけだ。

【追記】
いやいや金融関係者はかなりの早い段階でWeWorkに警鐘を鳴らしてたよ。NPのコメントだけ見ているなんて狭すぎる。
ソフトバンクグループに今のWeWorkの経営を担える人材がいるのかどうか分かりませんが、銀行主導の支援の方が良いとか言っている場合なのかと。。。
We Workのビジネスモデルを評価する声がNPでは高いので、私には分からない事業モデルの魅力があるのだと思いますが、魅力があるとして、この事業価値に行くまで魅力があるのでしょうか?WeWorkを高く評価している人のご意見も聞いてみたいです。

ウィーワークの評価額が200億ドルに達した場合、リターンを30%程度に押し上げ得る新株引受権を付ける可能性がある。
破格な条件でのデット調達が進められて
いるとなれば、既発債の相場は下がる(つまり
予定される新発債の利回りをベンチマークに
価格調整する)のは当たり前のこと。
それ自体、市場では常に起こっていることで、
別段さわぐことではない。

ウィーワークについては、収入のベースになる
利用料と、コストのかなりの部分を占めるリノベーション
費用のバランスが取れていないということだと思う。
この視点を欠いた議論が多すぎる。

普通に考えれば、このバランスを過去に遡って変更できない
ので、一定のエクイティ調達をし、残りのnormalizeされた
あとの運転資金に相当する部分はデット調達すれば良い、と
いうことになるのだと思う。

資金調達におけるデットとエクイティのバランスや役割を踏まえた議論をしないと、わかるものも分からなくなる。
この点は、不動産の分野では事業者にもよく理解していない人が多いのが現実ですが、併せてメディアにも、読者にも注意を喚起したい。
市場が提示している高金利と、6月までのEBITDAのマイナス基調を考えると、株主が一体で増資をして、その上でリーゾナブルな金利で負債を調達するのが筋と感じました。SBによる増資か、ジャンク債かという選択肢を他の株主が考えているとすれば、相当のリストラ効果を見ているのか、あるいはこれ以上、手金を投下できないという弱腰を示唆しているように思えてしまいました。
株主ガバナンスにしても債権者ガバナンスにしても、この段階までくれば厳しくならざるを得ない。ソフトバンクGじゃなければ経営権が薄まらないと思っているのであれば、それは幻想でしかないと思う。
昨日はソフトバンクによるWeWorkへの金融支援について、実施されれば、「ウィーワークの現金不足が解消され、ソフトバンクが経営権を握ることになり、創業者のアダム・ニューマン氏の影響力はさらに弱まる」ことになると報じられていました。
【ソフトバンク、ウィーワークの経営権取得を模索】
https://newspicks.com/news/4299655

そして本件。引き続き動向が気になります。