新着Pick

超高齢化で医療を受けられなくなる日は来るか

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
151Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本では救急車が無料であることに加え、高齢化があいまって、救急車の需要がパンクし始めているようです。
この記事の元である「救急車が来なくなる日」という本の中では、下記のように指摘されています。
・緊急搬送に占める高齢者(65歳以上)の割合が増加しており、それにより出動件数も飛躍的に伸びている
- 高齢者が占める割合: 約34%(1997年)→59%(2017年)
- 出動件数: 347.6万件(1997年)→634.5万件(2017年)
・それに伴い、レスポンスタイム(救急要請を受けてから、現場に到着するまでの時間)も遅れている
- 7.0分(2007年)→8.6分(2017年)

救急車を単に有料化すればいいというわけではないですが、今のままの仕組みでは、本来助かるべき人が助からなくなっていることも事実です。
社会全体で今一度仕組みを再考していけるといいなと思います。
東京都における救急搬送件数は伸び続けていますが、その増加要因のほとんどが75歳以上の後期高齢者。そしてその半数以上が軽症で救急搬送が必要なかったケース。超高齢社会に適した救急医療のバックアップ体制が必要だと、以前佐々木淳先生から教わった。
https://median.press/emergency-of-tokyo-ems/
難しい問題ですね。
たしかに高齢者に限らずこの症状で救急車?!という状況はよく遭遇します。
ただ、後期高齢者の場合は老老介護(近くに身寄りがいなくて、80歳のおばあちゃんを80歳のおじいちゃんが介護してるなど)や、もともとADLが低い(足腰が悪くて移動もままならない)人も多いので、症状が軽かったとしてもタクシーでも無理な場合があります。
その場合は仕方ないのかとも思いますが、それを放置しておくと日本の医療は崩壊に進んでいくでしょう。

安易な解決策はありませんが、できそうなことと言えば、119電話を受けた人が状況を判断して救急車なのか、介護タクシーなのか、自力なのかを判断するくらいでしょうか。
ただじゃあ、それで責任はどうするのか?ということになって、ホットラインなどでも結局「それは救急車を呼んでください」となる場合もある気がします。
もちろん助けられる命はできるだけ助けたい、結果として軽症でも重症な可能性もあるから救急車で来てもらっていい、そういう声は現場の医療者としては痛いほどわかります。
ただ、何処かでシステムとして修正していかないと医療は崩壊すると思います。医師の働き方改革が進まず、医師の責任感や使命感を酷使するだけでは駄目な時期にきています。
問題提起にとどまっているが、指摘している課題はその通り。費用のかかり方に関する常識を変えていかないと。供給者側だけの改革ではもう追いつかない。使う側の意識改革ときめ細かい配慮が必要だ。
日本は世界に誇れる国民皆保険があり、医療が充実した国……アメリカで医療改善NPOを運営している友人が、「心の底からうらやましい」とよく話してくれる言葉です。

そんな風に世界から憧れられる日本の医療の現場で、大変な状況が起きている……高齢化のスピードを考えれば当然起こりうる問題なのでしょうが、こうした問題への具体的対応や対策は「まだこれから」なのかもしれませんね。

ちなみに私の暮らすアメリカでは、医療費はあり得ないほど高いのは、ご存知の方も多いはず。薬1粒が5000円近いなんていうこともザラ。この春原因不明の腹痛に襲われ、夜中に病院に駆け込みましたが、点滴を打ってもらって先生に10分ほど診察してもらい、検査を2つしただけで、医療費の請求はなんと日本円にして約20万。救急車はちなみに使いませんでした。使っていたら、これにプラスして10万以上に軽くなったはず。

「死にかけていても、お金のない人は治療をお願いできない。苦痛を緩和するモルヒネは安いけれど、治療は無理」というような問題を抱えるアメリカ。

どんな風に対策をとれば、日本がアメリカのようにならないで済むのか。その課題や対策のゆくえに、目が離せそうにありません。
この3年で10%も出生数が減少する中、
https://newspicks.com/news/4280860/
経済的かつ物理的に高齢者に、どの程度尽くすべきなのか、根本的な見直しが必要と思います。