新着Pick

超高齢化で医療を受けられなくなる日は来るか

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本では救急車が無料であることに加え、高齢化があいまって、救急車の需要がパンクし始めているようです。
この記事の元である「救急車が来なくなる日」という本の中では、下記のように指摘されています。
・緊急搬送に占める高齢者(65歳以上)の割合が増加しており、それにより出動件数も飛躍的に伸びている
- 高齢者が占める割合: 約34%(1997年)→59%(2017年)
- 出動件数: 347.6万件(1997年)→634.5万件(2017年)
・それに伴い、レスポンスタイム(救急要請を受けてから、現場に到着するまでの時間)も遅れている
- 7.0分(2007年)→8.6分(2017年)

救急車を単に有料化すればいいというわけではないですが、今のままの仕組みでは、本来助かるべき人が助からなくなっていることも事実です。
社会全体で今一度仕組みを再考していけるといいなと思います。
東京都における救急搬送件数は伸び続けていますが、その増加要因のほとんどが75歳以上の後期高齢者。そしてその半数以上が軽症で救急搬送が必要なかったケース。超高齢社会に適した救急医療のバックアップ体制が必要だと、以前佐々木淳先生から教わった。
https://median.press/emergency-of-tokyo-ems/
問題提起にとどまっているが、指摘している課題はその通り。費用のかかり方に関する常識を変えていかないと。供給者側だけの改革ではもう追いつかない。使う側の意識改革ときめ細かい配慮が必要だ。
この3年で10%も出生数が減少する中、
https://newspicks.com/news/4280860/
経済的かつ物理的に高齢者に、どの程度尽くすべきなのか、根本的な見直しが必要と思います。