新着Pick
566Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Apple Watch ,電カルへの音声入力、それぞれの事例は日本でもありますが、この組合わせは聞いたことがありませんね。

「両手が使えるため、医療現場ではとても有功だと考えた」という同じ理由でApple Watchを採用した国内の事例としては、新百合ヶ丘総合病院が有名です。
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/111809887/?ST=health

電子カルテへの音声入力では、内閣府SIP「AIホスピタルシステム」に採択された横須賀共済病院の事例が最近では有名です。
http://www.medical-confidential.com/2019/02/09/post-8747/

音声技術の多言語化対応に関しては、日本語の難易度が高いこと、逆に対応の容易さや人口の観点から英語・中国語の優先度が高い傾向が、外資系企業にはあるように思います。
手指衛生の問題で腕時計は推奨されないと思ってましたが、どこかベルトか何かにひっかけておくということなのでしょうか??



他の先生もコメントされていますが、医師の問診はただ会話記録を残すことに目的はありません。

「昨日からしんどくって今日はもうベッドから動けないので受診しました」といった時に

①始まり:一昨日は全く症状なし?昨日は朝から夜から?それは明確に何かをしている時に始まったのか、それとも午後の何時からかわからないけどゆっくりしんどくなったのか。
②性状:しんどいのは全身倦怠感なのか、腰が痛いのか、息切れなのか、胸が痛いのか。
③重症度:昨日は階段もスタスタ上がれていたとか、今日は5分も座っていたら横にならないといけないほどとか。
などなど

他にも
急ぎ足で歩いたり、階段を登った時の症状なら、心臓や肺、おとは貧血などを考えますし、
体をひねったら心臓のところが痛い、と言われたら、捻って負荷のかかる筋肉や骨などの痛みを考えます


それを時系列や論理の順番などで並べ、さらには医療用語に置き換えていく作業をしています。

問診テクニックも含めて理解したAIなら良いのかもしれませんが、なんとなく難しそうに感じます。

少なくともメディカルクラークが真横で電子カルテの入力をしてくれていたとしても、満足できる記録が残るとは考えにくいのが現実です。
(点滴指示や、皮膚の縫合の処置入力などは音声入力になると楽でしょうかね、、、)


もしくは医師や看護師などの医療者との日常会話のうち要点だけ残しておいてもらえると患者像理解に役に立ちます。
家族構成はどうなっているか?趣味はなんなのか?人生で大切にしていることはなにか?家で食事は誰が用意しているか?など

病歴問診は匠の技という部分もありますし、何よりその技はそれぞれの流派のような違いがあるため、難しそうですが。

グラウンドゴルフが趣味で週に2-3回していて、最近は孫の○○ちゃんと遊んだり、ペットの●●が他の人には面倒を見てもらえなくて入院は困るとか、そういった情報が要約されて記録されるだけでもありがたい気もします。
これが実現すると非常に便利になり、診療の質の向上にも寄与するでしょう。医師は患者さんの話を聞きながらパソコン入力する必要がありますが、終始目を見て診療を終えることができます。

作業の面がどんどん簡略化すれば、医師の働き方も改善するはずです。あとはこれを日本に導入する事ができるかどうかです。
米国では、音声入力自体はとても古くから行われています。ただ、音声入力と言っても、パソコンが自動で入力してくれるのではなく、カルテのタイピングのプロが音声を拾って入力し、カルテを代行記載するというものでした。この手のアプリケーションはそのタイピングをコンピューターに任せるというもので、医師の労力という点では、実質過去に行われてきた音声入力とそれほど大きな差はないように思います。

現実として、電子カルテの入力アルゴリズム自体が進化した米国の多くの病院では、そのような音声入力が廃れ、電子カルテへの直接入力の方がむしろ一般的になっています。

皮肉にも、電子カルテの進化が遅い日本でこそ、音声入力が進むかもしれません。しかし、電波がない、電池が切れた、などの状況も容易に想定されるため、デバイスは一本化しておくに越したことはなく、電子カルテの入力が高度に進化すれば、外付けでデバイスを持つ意味は乏しくなるものと想像します。
音声アシスタントによる自動入力で医師の業務を合理化するというレポートです。「医師が患者の健康と幸福をより良くするために技術をシームレスに活用する」という理念のもと、開発されました。

患者の診察や施術中に自動入力できれば、時間効率が格段によくなります。労働過多の医療現場が音声アシスタントで解消されれば美しい。
「ティム・クックCEOはアップルの将来につき「人類に対する最大の貢献は健康」になるとの展望を述べていました」とありますが、健康ビジネスはいつの時代も形を変えて永続するのではないだろうか。
なぜなら、人間が人間であり続けるための基本だからです。
アップルウオッチの音声入力は、以前から使っています。

ただ、なかなか最適なアプリがなくて困っているのが実情です。

どなたか、有益な情報を教えていただけないでしょうか?
記事では内容がさっぱりわからないのですが、まあ日本の電カルに実装されるのはまだまだ先でしょうし、それほど実用性が高いようにも思えないかな〜(現時点の技術では)。
音声入力の精度が高まりAIとの掛け算で進歩の可能性を感じる記事。
自動化は生産性向上のお友達。
Appleがここで得た情報を自社のヘルスケア領域のサービス展開に活かしてくるのか聞きなるところです。