新着Pick
361Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前、ビジネスの世界における「知の巨人」的な扱いをされている著述家の方が「Amazonの最大の価値はレビュー」と断言してらっしゃるのを聞き、この御仁はAmazonをあまり活用していないのだろうなと感じたことがあります。
そう感じてしまうほど、Amazonのレビューや星は参考になりません。破綻しています。出店者も信用できないので、家電については最近ではヨドバシを多用するようになりました。
明らかにサービス体験を損なうような状況をなぜ野放しにしているのか、不思議に思います。
本国からトップラインの成長をKPIに設定され、あからさまなサクラレビューであっても残しておいた方が短期的には売上貢献するだろうと現地法人のチームが判断しているのだろうか、などと想像してしまいますが、実際のところはどうなんでしょう。
Amazonが不正レビューを放置に近い状態にしているのが不思議。レビューが信用できないので最近、Amazonで買い物する機会が減った気もする。ぜひこの技術を採用して欲しい。
Amazonで工具を購入するときは、レビューを読まなければ実際の使い勝手や耐久性、粗悪の程度など分からないので、自分にとってはレビューは必需品です。レビューの中にも偽ではないがユーザーが無知だったり全くの勘違いで低い評価をしてるのもありますが、読めばすぐわかります。Amazonの工具というジャンルでは偽レビューは少ないと思います。
書籍に関しては程度の低いユーザーが酷評してるのを時々見かけますが偽レビューだとは思えません。
Google検索で「◯◯◯評判」の検索結果として出てくるサイトの中には明らかに偽レビューと分かるものは大量にあります。
これからのECサイトは例えば「KDDIのチェックシステムを使ってます」などという表記が必須になるでしょうね。
コメント欄を見てると皆さんがいかにレビューを信用していないかがわかります。正確にいうと「偽のレビューの含有率が高すぎる」ということか。
ただ、記事によると今回発表された技術は閲覧履歴や評価点などからのリコメンド機能についての不正検出で、コメントのあるレビューについてのものではないんですよね。タイトルもちょっとミスリーディングですが。
どういうアルゴリズムなのか興味津々です。
皆さんコメントされている通り、アマゾンのレビューは本当に当てになりません。是非採用して欲しいです。
これが実現できたら凄いですね。素人の人の目ではなかなか判別がつかないもの。98%も排除できたら実用化されたらニーズが高そうです。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者である。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.44 兆円

業績