新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
誰でも出来そうなことを、丁寧に実行することで“差”がうまれます。永野のサンドイッチのエピソードも、お客様にとどけたい商品づくりをして、商品名まで手を抜かないところがポイントであり、とてもシンプルな話です。
個人的にPR力とは「ブランド・業態のルール内でどれだけの工夫ができるか?を考え・実行するチカラ」だと捉えています。だから、出来上がった商品を渡されてPRをする場合は、工夫の範囲が限られますよね。最終的なPR視点でみると、商品づくりまで入っていくことになる例が多いと感じます。
モノと情報があふれている現代において、誰が何を伝えるか?は重要です。届けたいお客様に的確に届けるためにPRとすると、単に届けるだけでは埋もれてしまうから、より工夫が必要になっているのでしょう。会社やブランドが「ある程度の自由」を許容することが、“差”を生み出す源泉になると感じます。