新着Pick
419Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
チョ・グク法相の辞任。。検察改革を夢見た学者の運命がこんな結末になるのは切ないですが、国民の分裂がますます激しくなってきている今の韓国社会でさまざまな疑惑に攻められ自信を失ってしまったところもあると思います。文政権が大事にしている検察改革はこの先どうなっていくのでしょうか。
韓国のチョ法務部長官(法務担当閣僚に相当)、本日午後2時(日本と韓国は時差無し)で辞任へ。現地英語報道はこちら。
http://www.koreatimes.co.kr/www/nation/2019/10/356_277074.htm

文大統領は厳しい状況の中でも強行突破で任命するのではないか、と下記のNewsPicksオリジナル記事で指摘していたシナリオになりました。

『【3分解説】日韓GSOMIA破棄の裏にある文政権の「時限爆弾」』2019/8/28
https://newspicks.com/news/4168123

チョ氏をめぐって発生する可能性の政治リスクについては上記の記事でいくつか指摘していますので、是非ご覧下さい。今振り返ると、GSOMIAの裏、というよりも、並行して発生していた政局とも言えます。

上記記事から約一ヶ月半、文大統領の支持率は下がったものの、中高年を中心に支持率は高く根強いという調査結果も出ています。その理由も、文大統領やチョ氏が政界の表舞台に登場してきた過程を見ていくと理解できる部分もあります。

いずれにしても、今後の政局や世論がどのように動いていくか、また、それがチョ氏問題だけに止まらず、外交・安全保障問題にどのように影響していくかを注視していきたいと思います。韓国は来年4月に総選挙。すでに様々な動きが出ています。

まだ雑感レベルではありますが、韓国の民主化の歴史における保守派と革新派の政治的な闘争と駆け引きがあり、その線の上に、盧武鉉元大統領と文在寅大統領という盟友の政治活動を解釈し、さらに次世代と言われていたチョ氏等のグループをみていく必要があると感じています。
エーッ  (;゚Д゚)
検察の力を弱める改革案を進めようとしていた矢先に、よほどヤバいところを突かれたか。何が何だか分かりません。韓国に、辞任と引き換えの“司法取引”ってあったっけ・・・ まさかね f(^^;)
きっと水面下では「辞任すれば、○○は勘弁してやる」みたいな駆け引きがあったんだろう。反対派はそうやって外堀を埋めて大統領を追い詰めていこうという作戦かな?
韓国世論は支持・不支持で真っ二つらしいけど、これが文在寅政権の分水嶺になるんだろうか
チョ法相は検察・野党そして殆どの主要メディアから前代未聞の総攻撃を一身に浴びて本人だけでなく家族まで満身創痍になりながらも「検察改革」の先鋒を務めました。見掛け倒しのイケメンエリートインテリ優男かと思ったのは誤解でした。今日まで辞めずに耐え続けてきただけでも正直ギネスもの。

チョ法相辞任により攻撃の矛先を向ける相手を失った反文大統領勢力は戸惑いを隠せません。
文大統領にとっては打撃ではなく起死回生となるでしょう。

追記:2か月に渡る大騒動を見ながら感じたのは、本当の権力者は5年任期の大統領府ではなく検察組織とメディアなのだという事です。この二つから睨まれたら社会的に抹殺されます。特に韓国の検察は捜査権と起訴権の両方を有する世界最強の検察。従って検察改革でもこの検察の力を弱めるのが大きな課題となっています。
チョ、待てよ
チョ法相が就任時にどう考えたのか(→就任時の記者会見等で自身の潔白についてはあまりコメントがなかった記憶があります)分かりませんが、少なくとも文大統領は、読みは甘かったですね。自分の母国のヒステリックな国民性を読み間違えたとしか思えないです。

文大統領は「韓国社会は産みの苦しみを経験した。国民の対立を招いた点は非常に申し訳ない」と謝罪した。
→日経新聞より抜粋

今までの大統領は、申し訳ないと謝っても許してもらえなかった国が韓国だと思いますが…
チョ・グク法相辞任。日本ならもっと前に首を切られていると思うので、ここまで引っ張ったのはむしろ立派というべきか。チョ・グク氏本人というより、チョ・グク氏とは一連托生というべき文在寅大統領の意向だったと思うが、さすがにこれ以上はむしろ政権に(来年の選挙含め)ダメージの方が大きいと判断したのだろう。反文政権デモが親文と同規模になるぐらい増大してきたわけだから。

韓国は、文在寅政権という親北極左の極めて強い信念の大統領を得てしまったからこそ、自己のアイデンティティや進べき方向性(米韓同盟なのか親中なのか)について大きな迷いと葛藤の中にいるように見える。

日本との関係も最悪だが、それも、根源的には、本当はこうだったらよかったのにという事実とは異なる歴史作りにこだわる故であり、反日もその韓国の「歴史作り」の反射的な結果ともいえる。

韓国の中にも「反日種族主義」がベストセラーになるなど様々な動きがある。

日本としては、韓国のことはしばらく放置というか静観している方が良い。(但し、例の旧朝鮮半島出身労働者判決の現金化がされれば対抗措置を取らざるを得ず、泥沼に入るばかり。日本が筋を曲げる必要はさらさらないが、とりあえずで良いので関係を沈静化させた方がいい。)
メディアが発達した国では、もともと無理だった任命。
(任命時点で疑惑がある人を任命することが無理)
逆に任命したことに、韓国の民主主義国としての課題を感じる。
ほんと日本も韓国も検察は異様な強さを発揮する。そしてマスコミとグルになって国民を洗脳するのでなかなか難しいね。