新着Pick
499Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
食べログのレビュー問題の面白い分析。一読オススメします!

レビュー書き込み件数の足切りの設定数次第で最頻値(壁)となるポイントが変わるということです。ちょっとした人気店なら3.2に壁があるし、もっと人気の店なら3.6が壁になるし、超人気店なら3.8が壁になっているということがわかります。
まあAmazonのレビューよりはだいぶマシだけどな
食べログのスコアの不自然さについて、別の角度からの検証。レビュー業者による影響を排除するという観点でのフィルターの存在の可能性。そして店舗への影響が大きいからこそ、ブラックボックスとしなければいけないジレンマもあるだろう。
高口さん、Pick有難うございます!
https://newspicks.com/news/4285554
一読推奨
アルコリズム非公開はハックされないために必要ではあっても、もろもろの不満を招く。難しい
ここまで詳細に分析されると、読むだけで疲れてしまいます。

ブラックボックスがあるのは、裏技を封じるための当然の措置でしょう。

それにつけても、仮説でここまで検証した努力には敬意を表します。
食べログが始まった頃は結構画期的で、色々とお世話になりました。
他にもレストランの評価サイトがあり、それぞれポイントの付け方が異なるので、その違いを楽しんだりもしました。
食べログのポイントも、初期の頃はあげる工夫や、作為的な投稿もあったと思います。
食べログの高評価店やミシュランの星付き店でも、過去何度か、味付けが悪い、火の通りが悪い、接客が悪いなど、
失望する経験もしました。 でもそれらはあくまでも「個人の感想」で世間全体と同じとは限りません。

結論:
ーレストラン評価は評価の母数が多数になればなるほど、大衆の評価となる。
ーその評価(味やコスパ、店の接客、雰囲気等)が自分の好みとは限らない。
ー結局は「自分で行ってみて確かめる」しか無い!
食べログ等の評価はあくまでも「参考」で、「自分の好きな店」かどうかを保証するものではありません。
"人気はあるけど、食べログヘビーユーザーがあつめられない店」というのが、3.6手前に集まってしまう"
この辺りが落とし所のような気がします。食べログヘビーユーザーを集められる店は物理的に限られるため不自然な分布に見えてしまう
勉強になったけど、中国(タオバオとか)ではインチキ書き込み対策どうしているんだろうかが知りたくなった。
データポイントが増えれば解釈も変わる。
恣意的な操作はしてるけれど、課金無課金で分けているわけではないのかも。なるべく公正になるように食べログは頑張っているのかも。
データだけから「食べログは不正(会費支払いの有無による評価値の操作等)をしている」というのは無理そうだということは大凡分かった。靴の上から水虫の有無を断定するくらい難しい話だろう。

一方、食べログ側は「評価値に関して、独自のアルゴリズムはあるが、対象店舗の会費の有無と評価値には一切の関係はありません」と言い切ればいい。中途半端にブラックボックスの説明をするとかえって疑われる。食べログの点数にはそれなりのブランド価値があるのだから、これは愚直に守る方が得だろう。

食べログくらいの規模になると、店に圧力を掛けたら実名の密告者が出るだろう。味に自信があって、固定客(食べログを見て来る一見さんの何十倍も大事)を持っている店は、食べログと喧嘩してもどうということはない。圧力のしっかりした証拠(これがないとヤバイよ)を提示した店があれば、ユーザーは支持して大いに集まるだろう。嘘は食べログにとって得策ではない。

因みに私がよく行く店は3.5前後が多いなあ。