新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シンガポールと日本の関係について、示唆に富むブログ。他の国についても、日本人がそう思っているだけ、ということはあるように感じる。シンガポールでも、周りの国でも「日本人は尊敬されています」「日本ブランドが一番通用する」という人は、私の経験では、その国の人との対話をさほどしてきていない人という傾向が強い。率直に話せる人との間には、良い事、悪い事の話が出てくる。いくつか良いことを言われて、それが尊敬と勝手に脳内変換している人は少なくない、かな。

あとは、なぜか、情報源がいつもタクシードライバーという人にも同様の傾向がある。私もタクシードライバーとは時々話しますが、日本のについては、Very good的なことしかいいません。(たまには占領期の話を出す人もいますが)お客の国について批判することなどまずないでしょう。この間乗ったタクシーのドライバーは・・・という内容については、一般の人の生活や政治についての感情面などは参考になることもありますが、「タクシードライバーの日本論」については、ああそうですか、ぐらいで聞くようにしています。
確かにシンガポールにとって日本は特別の存在ではないだろう。シンガポールは日本式の教育を導入したわけではないし、日本式経営に学べとキャンペーンをしたわけでもない。シンガポールのエリートは英語を使って(あたりまえか)、英国、米国のエリートと堂々、世界を語り、アジアを考え、国益を議論している。シンガポール人に「日本という国の名前を聞いて、何を連想しますか」と聞けば、竹下通り、富士山、銀座、金閣寺、清水寺と答えることだろう。シンガポール人にとって日本とは「面白そうな国」なのだろう。
これは、海外にいても、仕事の相手や現地での交友関係が日本人が大半の人が陥入る錯覚ですね。

結論からいうと、日本を特別な国として国民レベルで考えてくれているのは、台湾とバングラデシュ、トルコくらいなんじゃないかと思っています。
→私が感じた感覚です。他にもあるかもしれませんが…

海外で、日本人とは連まないで現地で現地の人と自分がネットワークを築けて初めて、その国はその日本人にとって特別になると思います。
そういう日本人が増えると、海外で日本人が真にrespect されると思います。

もし、あなたが初めて行った国で、日本人は特別みたい!!と感じたら、だれか他の日本人が、その国で努力した結果だと思ってくださいね。