新着Pick
500Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2019年5月、米ナスダックに歴史上で初めて、美容整形のユニコーン企業が上場しました。直後は2000億円超(現在は900億円ほど)ですが、こうしたプラットフォームによる、情報の非対称性の解消に加えて、再生医療やアンチエイジングなどの「若返り」需要がこの1兆円(本当はもっと巨大)なマーケットを盛り上げています。その全容をインフォグラフィックにしました。

もともと美容整形の歴史をさかのぼると、戦争などで身体的な傷や損傷を負った人たちを、治療する形成外科に行き着きます。そうしたフィジカルに治療の跡をなくすという技術が、外見的な美しさを得るという技術に進化したというのが、大きな流れです。

さらに近年では、メスを使わない美容整形がものすごい勢いで広がっています。それこそ英王室のハイクラスの人々から、一般の主婦までボトックス注射を打つようになっていますから、人生100年時代にはこの分野はさらに大きな市場になると感じます。老化を止めるサブスクリプションサービスなんてのも、流行るかもしれません。
ドラマ『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』が大好きで、番組でボトックスパーティーやプチ整形を特集したら、ディレクターが自らプチ整形を受け、その様子を自分で撮って編集し、ビックリしました。
(ヒアルロン酸を入れたのですが、少し経って気に入らず溶解注射していました。やはり、その場のノリや、この人の顔よいとかではなく「自分がどうありたいか」みたいなのが大切とも)

整形は広告ブログも多いため、リアルな口コミまでたどり着くのに時間もかかるため、SNSの広がりは確かに当たる。
人に話しづらい事からトラブルも多いので、余計にリアルが気になります。

ちなみに、各病院お医者さまが解説しながらの整形動画のアップも流行っており、私はよく脂肪吸引の実況動画を見てます。

周りでシミ取りをするアラフォー、アラフィフ男性も増えてきており、男女共に、さらに大きな市場に。
爆発的に成長する産業に共通した問題なのかもしれませんが、最大の問題点は、その副作用、危険性にほとんどスポットライトが当たらないということではないかと思います。実際に本稿でも、その目的や作用がまとめられ、合併症や危険性については触れられません。

仮にも異物を体内に投与するということには、それ相応の短期的、長期的合併症が生じる危険性を伴います。また、「最新の技術」は、長期的合併症のデータがないということを意味します。それは十分認識しておく必要があります。

おそらく契約時の書面では形式的に説明が入り合意形成という形を取られていると思います。しかし、短期的リスクはまだしも、長期的なリスクに関しては、そもそも10年も経過してしまえば、誰も10年前の整形の合併症だとも考えず、患者も美容クリニックではなく我々のような病院の内科を受診されるので、クリニック自体も十分把握していない可能性が高いと思います。

そのようなリスクが十分に説明され、施術を受ける方がそれを十分理解された上で行われているかは疑問です。現在の美容整形後の方たちが歳をとられたあとに、一定数の合併症が生じ、問題化するのではないかと懸念しています。
ファッションと考えれば、いいのかもしれません。外観を変えることによって、自分らしさを強調できる。外観を変えることによって、心(内面)も変わるかもしれません。劣等感がなくなるから。

ただ、画一的になると恐ろしい世界になります。みんな同じ顔、みんな同じ体型。その次に来るのは???
美容整形の市場の成り立ちから、最先端サービスまで網羅されていて面白い!

下記の記事によると日本の整形手術の対象は顔が9割とのこと。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO34722620Z20C18A8EAC000/?page=2

テクノロジーの力で整形の単価が下がり、誰でも気軽に受けるものに変化。月額いくらで受け放題みたいなサービスも出てきそう。
戦争障害者の治療という必要性で生まれた形成外科に対して、
そこから派生した美容整形は、己を飾る「化粧という美意識」の延長。

毎日アイラインを工夫したり、影をつけたり、シワ取りクリームを塗るくらいなら一層土台から変えた方が確かに早いし確実。

過度の整形はリスクもあるしアイデンティティの喪失になりかねないが、プチ整形ならハードルも低く、まだまだ市場拡大する予感。
何となく胡散臭いタウン誌の広告に代わるSNSやユーザーログは、間違いなく美容整形のハードルを下げ、日常化するでしょう。
AIが美容整形をアドバイスと書いているように、自分の顔をベースとした上での最適な美を追求する流れになってくると思います。
みんなして誰かを真似ることがゴールの整形から、トップモデルは個性が重視されるように、もっと自分らしさを磨く美の手段としての整形が主流になってくるのではと思います。
ボトックス普及してますね。
最近は良く耳にしますので慣れましたがボツリヌストキシンが美容目的で使われているとどこかで初めて読んだ時は3度見くらいしましたね。
食品に入っている添加物は親の仇の如くバッシングする一方でボツリヌストキシンみたいな明らかな猛毒をためらいなく注射するんだ...とちょっと微妙な気持ちになった記憶があります。まあ同じ人ではないでしょうけども。

長期経過後に発現し得るリスクについて評価が不十分なまま広まる新技術が多いのは、ご指摘のある通り確かに心配。
しかし将来的に、例えば確実に毛が生えるみたいな技術が出てきたら、もう何でもいいからやってくれと言ってしまいそうな気はします...
美容整形は受けたことありませんが、美容にも良いと言われている血液クレンジングは、仕事が超激務の時に受けていました。確かに疲れが取れたし、お肌の調子は激務とは思えないほどでした。

でも、今、仕事はマイペースで、ジムで運動とホットヨガをやっています。当時と大差ないんですよね。

私は、極力美容整形は受けたくないですね、本音では。

韓国人や中国人では、子供が親と全く似ていない→可愛い顔立ちでないということで、子供が傷ついているという話しも聞きます。
美容整形という産業やその成長の歴史がまとまっていて分かりやすい。So Youngは美容整形のカカクコムという感じか。