新着Pick
908Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
白い巨塔、医局の権威に登りつめようとする財前と真逆の戦略。
まともな医者がいない美容整形を選択し市場を総取りし、
美容整形業界のスタンダードをこさえてしまう。

医師としてだけでなく経営者としても非常に優秀な高須先生。
基本は誰もやりたがらないことをやる。

一方、高齢者訪問診療や多額の寄付を続けてもいらっしゃることから単なる逆張り経営者でもない。
ニュースピックスで今、取り上げるにふさわしい。
美容整形が幸福医学だと医者だらけの親戚筋に言い切って、有言実行。
これは、すごいアントレプレナーシップですね…。

確かに病気を治す、は、マイナスをゼロにする市場、美容整形は、ゼロをプラスにする市場とも言えるかも。
今の時代ならともかく、当時のご時世でこれを言い切れるのは先見性とマーケットメイカーとしての才。


▼インタビューより
私の親戚には、医者が多いんです。母親は小児科医、祖母は耳鼻科医でした。
かつて自分が美容整形を始める時には、親戚中のお医者さんたちから説教されたんですよ。「かっちゃん、あれは医者のやるもんじゃない。縁を切るぞ」とね。
だから私は「おじさんたち、これから美容整形は伸びます。病気が治ったら、今度は見てくれを良くする時代が来るから」と話したのを覚えています。
そして美容整形は幸福医学だと名付けて、これからナンバーワンになるから見ててくれと話しました。
その時は、「そんなバカなことになったら、俺たちがみんなで逆立ちをして街を歩いてやるわ!」と怒られましたけど。
「あれは医者のやるもんじゃない。」という台詞が出てきますが、人の身体にメスを入れる以上は、医師にしかできない領域です。ただ、その台詞を残された方の気持ちもわかり、「病人を治す」という医療の使命に医学が用いられない領域でもあります。

そのような側面から捉えると、ビジネスとしての美容整形は「医療」ではないとも考えられ、その施術者は(医師でなければなりませんが)「医師」ではないとも考えられます。医師の私が言うと批判のように聞こえてしまうかもしれませんが、そういうわけではありません。そこにニーズがあるのだから、供給があって然るべきです。

ちなみに、「医療」として同様の手術を行なっている「医師」もおり、例えば、けがや病気で変形してしまった箇所を治すなどの手術を行なっています。彼らは「形成外科医」と呼ばれます。

一方、医療の世界で一般に「整形外科」と言うと、骨折や関節の病気の手術をする、骨や筋肉のスペシャリストを指します。

「美容整形」があまりにも広く知られていることで「形成外科」と「整形外科」を混同されている方が多いのですが、例えば顔の変形を病院で治す場合には「形成外科」を受診する必要があります。
もともとはドイツに留学して、交通事故の患者さんの治療などにつかう、人工関節を学ぼうとしていた高須氏。それがヨーロッパの美容整形に出会い、ゼロからビジネスを立ち上げて行く様子は、今風にいえばまさに「スタートアップ」そのものです。その先見の明は見事で、ビジネスとしても大成功をしました。

インタビューの最後に、「もし高須先生が20代だったら、どこにチャンスがあると思うか」という質問への解答が、個人的にはいちばん面白かったです。ぜひ、経済メディア流の美容整形特集をご一読ください。
高須先生はその強烈なアクの強さから研修医時代、ちょっとなぁと思っていました。しかし形成外科で有名な病院に進んだ友人が「高須先めっちゃ手術うまい!」と言っててその考えを改めた次第。
またその逆張りの発想、篤志家という側面など色々なことを知るにつれ今は尊敬の眼差しに変わってきました。後、日本では珍しい「金持ち喧嘩するキャラ」ですのでデヴィ夫人と並びマスコミ需要が多いのも頷けます。
これも逆張りの一環でしょうか?いや違うかな、、。
むちゃくちゃ面白かったし、ずっとぼろ儲けできる市場はないわけだし、そこに今から入ろうとするドクターさんは大変そうだ‥下記の文言にも納得

> 私から見ると美容整形の医師の技術は、退化しているように思います。
「今の医師には楽をして、お金を稼ごうという人が多いように思います。志があって医者になる人は、昔と比べてとても少ない。例えば離島の医師になってやろうとか、親の跡をついで、村の健康を守っていこうという人もいません。都会で暮らして、小さな幸せが欲しい」

そういう時代だと思います。開業医は親の跡を継ぐ"べき"とか、一家全員医師になる"べき"とか、地元で働く"べき”などのべき論は、無くなっています。だからこそ地方や産婦人科などの厳しい診療科の担い手が減っていて国全体としては非常に困っているのですが、、、、
高須先生の話ではないですが、
「整形というのは一度手をいれると他もキレイにしたくなりリピートするが、二重手術というのは最初に手をつけやすい領域なので儲けがほとんど出ないぐらい料金が安いところが多い」
と業界関係者に聞いた時は、美容整形もLTV/CACで料金を考えているのかと衝撃を受けたことを思い出しました。
美容整形によって、画一的な顔、顔、顔。名前が思い出せない状態に。

しかし、人生を刻んだ顔は美しい。
サクセスストーリー以上に、業界とそれを取り巻く社会、時代の変遷がとても興味深かったです。
いつもあのCMを見るとなんか手作り感がありますが、あれが良いのかなぁと思ってしまいます。あのヘリに乗ってドバイみたいな所で話し合いをしているようなCMの制作秘話も読んでみたかったです。